乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

筋肉下再発 腋窩リンパ再発   [管理番号:6709] 
質問なのですが。

①CT.MRI、エコーでは 筋肉下とか上とかまでわからないのですか?(かなり撮影されてますが。)そもそも新規のガンですか?それとも取り残しと考えた方がいいのでしょうか。
主治医の口から取り残しとは出ないと思います。

②術前のセンチネル生検で何も写ってないと聞いてましたが、腋窩リンパ5ミリ悪性は本当に映らないものですか?それと予後はやはり不良なのでしょうか?
このリンパのしこりもそもそもはじめからあったものなのか?何なのですか?
局所再発のあと遠隔転移→死亡 多いと何かで見ました。

③そもそも局所再発ですか?転移ですか?レベル3まで郭清してますが、すでに遠くに散らばってそうで毎日怖くて落ちこんでばかりです。

しかも当初新たなガン早期と話が違い過ぎてて。
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

シコリの検査について   [管理番号:6610] 
担当医は触診と人間ドックの画像見て、こちらでも再度乳腺エコーをし、生検をすると言われました。
乳腺エコーをしたのは技師さんで、生検をしたのは若い医師?の方でした。
結果は担当医から聞きました。
「針を刺した部分からは悪いものは見つかりませんでした。クラスⅢです。
しかし針の刺さってない部分にガンがあるかもしれません。
乳腺エコーの画像から非浸潤ガンを疑います。
9年前と全く同じ場所ですし。
乳管異形化形成もあると思われます。」
と言われました。
私は聞き返しました。
「針の刺さってない部分にガンがあるかもしれないのなら、さらに詳しい検査をしてハッキリさせて下さい。」とお願いしました。
担当医は
「さらに詳しい検査である外科的生検をすれば、乳房に傷痕も残るし、そこまでする必要はない。
仮に非浸潤ガンだとしても、今すぐ体に影響を与えるものではない。
今まで通り年に一度のの会社の人間ドックで経過観察して下さい。
そこで何かあれば、また生検するなりその時に考えましょう。」
と言われました。
非浸潤乳がんの可能性と、もし非浸潤がんではないにしても、私の左乳の状態や経歴から将来ガンになる可能性は高いと最後に担当医に言われたので、不安がると、
「交通事故に遭う確率よりは低い」とよく分からないコメントで締めくくられました。
担当医の曖昧な回答に不安でたまりません。
田澤先生はどう思われますでしょうか?
■病名:乳腺症
■症状:左乳のシコリ
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法の副作用などについて   [管理番号:6762] 
浸潤性小葉がん
ステージ2A
2015年部分切除
TC療法→放射線治療→ノルバデックス服用→
閉経のためアロマシンに変更、服用中です。

①更年期症状がなかなかにひどいのですが、
先生の患者さまでエクオールを飲んでいる方は、効果が出ている方のほうが多いですか?

②ホルモン療法で味覚障害のような症状は出ますか?
ノルバデックス服用中から、口の中が鉄のような味がします。

③子宮筋腫により子宮卵巣切除しました。

この状況はLH-RHアゴニストを投与し続けているのと同様のことになりますでしょうか?

④閉経してから悪玉コレステロールの数値が178に跳ね上がりました。
先生なら、投薬を勧めますか?

⑤そして、ダイエットを決意したのですが、
プロテイン(ホエイ)は飲んでも大丈夫ですか?
■病名:乳癌
<助成:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

高齢出産   [管理番号:6761] 
質問1、わたしのように高齢で妊娠、出産することにより発症リスクが
高まることはありますか?〔ネットで未出産より高齢出産の方がリスクが高まると見たことがあり不安です。〕

質問2、授乳はリスクを軽減すると言われますが、私は完全母乳ではなく、分泌は少なめです。
また生理も再開していますが、授乳を続けることによるリスク軽減は期待できますか?

質問3、このままマンモグラフィーを受けれないまま再度妊娠、出産、授乳期間を迎えても心配ないでしょうか?今のうちに断乳して一度マンモグラフィーを受けておいた方が良いですか?

質問4、私の年代での妊娠、出産、授乳期はどのような検査をどれくらいの頻度で受けて過ごせばよいですか?
また、エコーのみの検査でも早期発見できますか?〔マンモグラフィーでしかわからない事もあると聞き、手遅れになったりしないか心配です。〕
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。