Site Overlay

8月15日(水)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

局所再発   [管理番号:6680] 
田澤先生、いつも書き込みを読んでは勇気をいただいております。
局所再発の抗がん剤使用について質問です。
初発、
2010年、2月発見,7月石灰化が散在しているため全摘、術前センチネル2-0、同時再建済みです。
ホルモン剤5年間服用しました。
腫瘍径9ミリ、7ミリでした。
今年4月定
期検診にて局所再発、7月9日手術、術中セカンドセンチネル実施。
当初手術で取ってしまえば大丈夫と言われていたのですが、病理結果、腫瘍9ミリ、7ミリ2つ、リンパ2-2とのこと。
ER7、PgR8、Kⅰ6714% 放射線治療だけでなく、根治をめざすなら抗ガン剤も必要とのこと。
リンパはそのままだそうです。
ルミナルAなので抗がん剤は必要ないと思っていたのでショックです。
とにかく、リンパにいっているからの繰り返しです。
いままで、同じような書き込みを見てはいるのですが、決断できずにいます。
どうか、
私に決断する勇気をください。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

健診を受けていたのに乳癌に   [管理番号:3564] 
出産し今年7月に人間ドックで腫瘍マーカー、触診するも異常はなかったのですが
線維腺腫ありとの指摘で同じ場所か気になったので
いつもの病院でエコー実施したところ、しこりが急激に大きくなっているので、組織生検をやるといわれました。
4センチ弱とのこと。

授乳中であったため、まさか癌ではないと思っていたのですが、結果癌でした。。
定期的に見てきたのになんでこんなことになるのでしょうか。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティヴの乳癌について   [管理番号:6693] 
わたしの母が乳癌になりました。

乳癌の状態は以下です。

ステージI
1.4cm
リンパへの転移なし
トリプルネガティヴ
ki67=23
乳房全摘術をし、今のところ腫瘍は取り除けています。

主治医の先生はトリプルネガティヴだが、ki67の値はそんなに高くないので、アポクリン癌に該当するとのことでした。

トリプルネガティヴだと通常、化学療法適用で抗がん剤をすると思うのですが、私の母は間質性肺炎と皮膚筋炎を患っているので、ki67もあまり高くないこともあり、抗がん剤はせずに様子を見ていこうとなりました。

このまま、何もせずに様子見で大丈夫なのでしょうか?
何もしないと転移、再発の危険性はやはり高いのでしょうか?
何もしないとやはり不安になってしまいます。
再発、転移の危険性はどのくらいなのか、予後はどうなのか、知りたいです。
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の化学療法について   [管理番号:6481] 
4月に左乳房切除と腋窩郭清の手術を受けました。
現在、術後補助療法としてEC療法の1回目が終わり、その2日後ジーラスタ皮下注射をしたところです。
病理検査の結果は下記のとおりです。

浸潤性乳管ガン (triple negative)
病理組織所見:リンパ管侵襲が目立つ
最大径:2.6×2.3 cm
リンパ管浸潤:ly2 , 血管浸潤:v0 , 断端浸潤:断端(-)
Intraductal spread(+)、Comedo pattern(+)、Calcification(
Calcification(-)、ELC(-)
核異型度:G3、核異型2・核分列数3
リンパ節転移:レベル1 (0/5)
stageⅡA:pT2、pN0、M0

①検査結果のIntraductal spread(+)、Comedo pattern(+)、Calcification(
Calcification(-)、ELC(-)の意味がよくわかりません。
どういう内容でしょうか?
<女性:65歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up