乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳ガン、肝臓にかげ   [管理番号:6692] 
はじめまして、うちの母が先々月に貧血のため、色々な検査で、たまたま、乳ガンが見つかり、乳腺専門医のいる病院で見ていただき、しこりは4センチのがんでした。
そのまえの貧血のときに検査したぞうえいCTですこし、肝臓にかげがあるとのこと。
嚢胞のことがおおいとききましたが、これから腹部エコー、などやります。まだ他のリンパとかはしてきされてません。
転移の可能性はありますか?
<女性:82歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

細胞診で検体不適正   [管理番号:6691] 
右カテゴリー3、左カテゴリー4となり
精密検査で3週間後に大学病院へ行きました。

そこで細胞診をしていただいたのですが
小さくて検体不適正で3か月後まで様子見と言われました。

組織診をしてもわからないだろうと拒否られました。

①組織診で検体不適正とは何ですか?
組織診でも分からないということはあるのですか?
②3ヶ月放置していても大丈夫ですか?
また同じ病院で分からないと言われるかもしれないので
病院を変えた方がいいでしょうか?
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

受診病院の変更にかかわるお尋ね   [管理番号:6690] 
【お尋ねしたい点】
①がん治療が必要であれば、実績のある「がんの専門性の高い病院」にお願いしたいのですが、
いまから、新たな病院を初診から検査開始するにあたり時間的な余裕はあるとお考えでしょうか

②再度初診することにした場合、すでにマンモ2回~一連の検査を済ませており、短期間に
重複検査を受けることの身体への影響に懸念はありますでしょうか。

受診先を変更するのであれば、現病院でCT、MRIはお断りしたほうがよいですか

③現病院の乳がん手術実績は 100件/年となっております。
実績信頼性として十分とお考えでしょうか。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

病理検査結果後のホルモン治療と言われたが   [管理番号:6689] 
今年の7月に右乳房温存+センチネル生検手術をし、8月に病理検査結果が出ましたが、あまりよく分かりませんので教えて頂きたいのと、今後の治療方針を田澤先生の見解をお聞きしたいです。

診断結果 右乳がん 乳頭腺管癌(多数浸潤) 腫瘍の大きさ 0.1cm 断端陰性 リンパ節転移の個数 1個中0個 腫瘍の悪性度1.2.3のうち、3
ER陽性50%以上 PgR陽性50%以上 HER2陰性0% 脈管への侵襲 なし
リスク分類 中リスクでリンパ節転移なし かつリスクファクターがある
※リスクファクター 腫瘍の悪性度が2~3 と記載されていました。

病理検査結果が出るまでは、非浸潤癌だろうと言われていたが多数浸潤だった事と、腫瘍の悪性度が3と高いため今後の治療はホルモン療法で、ゾラデックス(2年)+タモキシフェン(5年)の治療方針となりました。
1年前から更年期の症状があるため、さらにホルモン治療で酷くなるのか心配です。
副作用が辛くても私の症状の癌ではホルモン治療をした方がいいのでしょうか?副作用はどれくらいで出始めるのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。