Site Overlay

化学療法閉経による症状については、QA 8736 「治療後の不安」をまずはお読みください。

化学療法による症状は「化学療法による副作用」と(化学療法閉経による)「ホルモン欠乏症上」に分けて考えましょう。

閉経前(もしくは更年期)の患者さんは、化学療法により「ほぼ間違いなく」閉経します。(これを化学療法閉経といいます)

そうすると、ホルモン欠乏症状(以下)が起こります。

1.手のこわばり(関節痛)

2.腰の痛み(関節痛)

上記2はQA 8736で、上記1は「2020/7/18 治療後の不安」で症状がでています。

このような患者さんからの訴えがあった際には、

『あー、それは化学療法閉経によるホルモン欠乏症状ですよ。』と、明快に患者さんに伝える医師が増えることを望みます。

QA 8736 「治療後の不安」

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up