Site Overlay

今週のコラム 298回目 石灰化 4 ST-MMT 難関症例

みなさん、こんにちは。

DSC_0073

 

TOKYO FM News Sapiens 火曜日 Akashi Gakutoに冒頭で「頬っぺたが落ちた」と言わしめた、

某ファミマの「バタービスケットサンド」★お勧めは「ラムレーズン」とのこと。

興味津々、買っちゃいました。

 

週末限定の楽しみ

今週はHOLLANDISCHE KAKAO-STUBEのクラシックバウム

ずっしり感が「ドイツ」してます!

 

〇 本編

前回はST-MMTの総論をお話ししました。

乳腺を固定して、座標を計算して正確に針を刺す。

とても洗練されたdeviceといえます。

しかし、時に難関症例に出くわします。

難関症例

1.石灰化が(乳房の)「奥」にある。

2.乳房が「薄い」

3.石灰化自体が「淡い」

 

これらのうち、3は(座標を選択する際に)石灰化が見えなくなる(もしくは「極めて見にくくなる」)ことをいいます。

石灰化が(画面から)消えてしまっては「座標を選択しようがない」わけです。

これは、もともと「淡くて微妙な石灰化」だと、(局所麻酔により)「更にぼやけて」見失うことがあるからです。

★但し、「局麻」直後に消えても、10分位待つと「少しずつ、はっきりしてくる」ことが多い

 

今回は上記1及び2に絞って解説しましょう。

〇 通常の石灰化採取

 

 

石灰化

 

 

 

 

 

 

 

針を刺入

 

 

 

 

 

「座標」にピタリ

 

 

 

 

 

針内部に吸引圧をかけて

「窓」から針内部へ

引っ張り込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

針の内筒がカッターになっていて、

これで引っ張り込んだ組織をカットして

「窓」が閉る。⇒吸引圧で回収される。

 

難関1.奥にある場合

 

 

赤に対して青は奥にあります。

 

 

 

 

 

 

 

これを圧迫するのですが…

 

 

 

 

 

青は奥にあるため、限界まで引っ張りだしても…

 

 

このように枠内まで引っ張りだせないのです。

★枠内にしか針を刺せない

 

 

逆に「表面近く」の場合は?

それも難関となるの?

 

 

それは大丈夫。

余り引っ張り出さなければいいだけだよ。

 

〇 表面の場合

 

 

このように表面に近い場合

 

 

 

 

 

 

 

頑張って、引っ張りだしてしまうと…

 

 

 

 

 

このように「枠から外れて」しまいますが…

 

 

 

 

 

 

 

引っ張りださずに、

このような「浅め」で挟めば…

 

 

 

簡単に「枠に収める」ことができるのです。

 

 

 

 

 

難関2.薄い場合

 

このように針の「窓」を石灰化に合わせると

吸引圧が「きっちり」かかるのですが…

 

 

 

 

 

薄い場合、このように「窓」が

皮膚から出てしまいがち。

 

 

 

 

「空気漏れ」

石灰化は採れません。

 

 

 

 

 

古い機種には無かったのですが…

★江戸川では昨年から導入

 

 

 

 

 

これは助かります!

 

 

 

 

 

薄い場合は

「針先」が相対的に長めとなってしまい

「窓に合わせられない」ことも多い。

 

 

 

 

生理食塩水を奥に

入れることで…

 

 

 

Scroll Up