Site Overlay

今週のコラム 264回目 腋窩鎖骨下リンパ節(レベル1~3)の解剖

昨日も今日も天気がよくて、ZOOMX快調です。

ASICS metaracer デビュー間近です。 レビューは乞うご期待を(そういうブログじゃ、あーりませんが…)

 

今朝の「プリーズテルミー、マニュアックさん いらっしゃい」は鍋でした。

 

鍋の季節、到来

月曜日のスカロケの「一番店」も鍋。「ふくの鳥」での水炊きでした。

ランニング中の「鍋」の話題は、食欲を倍増させます。

スキー場では「1.5倍増し」に見えてしまうけど、いざ街中で会うと「あれっ?」てのと似ているかな?

 

因みに水炊きと言えば、私的には「博多 華味鳥」 毎年お取り寄せして食べています。

 

〇 本文  「腋窩郭清」

今週のコラム260から始まった、今回のシリーズに合わせてリニューアルした図をご覧ください。

 

図1 大胸筋で覆われている状態

乳腺を摘出した状態

リンパ節は大胸筋に覆われていて見えない状態

 

 

 

 

 

図2 大胸筋を内側方向へ牽引

すると、大胸筋に覆われていた小胸筋が見えてきます。

この小胸筋よりも外側にあるリンパ節を「レベル1」と呼びます。

 

 

 

図3 小胸筋(の外側の膜を切離し)、小胸筋を内側方向へ牽引

すると、小胸筋の裏にあったリンパ節(レベル2)が出現します。

レベル3は小胸筋より更に内側(奥)にあるので、見えていません。

 

 

 

 

図4 小胸筋の内側(奥)の膜を切離し(これにより小胸筋を自由に動かせます)、これを外側へ牽引する

そうすると、(内側へ牽引している)大胸筋と(外側へ牽引している)小胸筋の隙間からレベル3が(奥の方に)見えてきます。

 

 

 

 

図5 (無理やり内側へ牽引していた)大胸筋を元に戻したところ

リンパ節の位置関係はこのようになります。

 

 

 

 

図6 このラインで大胸筋にメスを入れ、割ります。

★ 実際には筋線維に沿わせているので、「チーズを割く」イメージです。

 

 

 

 

 

図7 大胸筋を割って拡げたところ

レベル3が「直視下」に見えます。

 

 

 

 

だいぶ、解りやすい図になったと自負しています。

次回は、これらの図を参考に「郭清の難易度や問題点」についてコメントしあmす。

 

 

 

 

 

 

Scroll Up