Site Overlay

今週のコラム 222回目 乳癌診断の実際 vol.1 画像診断(前編)

今週のコラムも積み重ねた結果、ついに222回目! しかも今日は2月2日!

何となく(?)縁起がよさそうな2並びの今回、乳がんプラザの内容を一新させるべくシリーズをスタートします。

乳がんプラザのホームにある「乳癌の分類」「乳癌の検査」「乳癌の治療」などは、乳がんプラザを立ち上げる際に「とりあえず、体裁を整える」ために、一般論をずらずら並べているものです。

5年も前の話だし、(そもそも)乳がんプラザを開始してから(私自身の)環境も劇的に変わり、積み重ねたものを伝えたくなりました。

具体的に言うと…

1.乳癌診断の実際

2.乳癌治療の実際

3.〇〇〇(未定)

そのパッションが冷めないうちに!

 

『いつやるの?』

 

 

 

 

『今でしょ!』

 

 

と、いうことで『乳癌診断の実際』シリーズがここからスタートします。

まず、今週のコラムで紹介し、後ほどそれをトップページに「乳癌診療の実際」として掲載するスタイルとします。

 

乳癌診断の実際

vol.1 画像診断(前編)

「しこり(もしくは、所見)」は、まず画像診断されます。

 

・マンモグラフィー 以下「マンモ」と略します

客観性は高いが質的診断 1)には不向き、主として存在診断 2)として用いられる。

 

 

 

・エコー

乳腺診療の中では間違いなく「中心的」存在

病変の細部も観察できるので質的診断としての能力が高い。

それでいて(マンモに比べて)ごく小さな病変も検出できるので存在診断としても価値が高い。

★一見「いいこと尽くめ」のようですが、「客観性の低さ」が術者を選ぶ検査と言えます。3)

 

・MRI

あくまでも病変の拡がり診断目的で用いられるべきもの

決して質的診断として用いてはいけない 4)

 

注1)注2)(癌に限らず)「何か病変があるのか?」を存在診断といい、「それは一体何なのか?」を質的診断といいます。

注3)客観性の違い 簡単に言えば「術者の主観が入るのか?」による違いです。

マンモは「ありのまま」を撮影するだけなので術者の主観が入る余地が無い

エコーは(それに対して)全体を丸ごと撮影することはできません。

あくまでも(術者の主観で)「自分が気になる場面のみを記録する」という作業の繰り返しなのです。

そうなると(実際は所見があるのに)術者が気付かないと(その)画像は残らないので「見逃し」が起こるし、

逆に、(実際は大した所見でないのに)術者が気にすると(それらしい)画像として「検診で引っ掛けすぎ」となります。

 

Invenia ABUS

これはエコーの弱点を克服するために開発された「見逃さない」エコーです。

 

このように乳房全体を自動的にスキャン(full volume scan)して、その全てのデータを解析するのです。

♯江戸川病院では既に購入済であり、近々導入予定です。

(どの場面で用いるのか検討しています)

注4)トップページの『今週のコラム 56回目 超音波で異常所見があるのに、MRIで異常がないから大丈夫。など、とんでもない診療です。』を是非、ご参照のこと。

 

 

今回、まず画像診断の最も基本である、「マンモ、エコー、MRI」についてお話ししました。

エコーには強い拘りがあります。

今週のコラム 211回目 私が、私自身のエコーについて語り始めた理由』を参照のこと

〇乳腺外科医自身がエコーをすること

仙台時代、極めて「当たり前」だと思っていたことが、そうではなかった!

東京に来た2014年4月 エコーを技師任せにする乳腺外科医が多い(というか、殆ど)ことに衝撃を受けました。

と、同時に「これが俺の最大のadvantageだ」

その思いは今も変わりません。

 

★今から11年前 (H19.7月の乳房超音波講習会 in Tokyo)

(その当時)私は東北公〇病院の中堅乳腺外科医でしたが、部長であったH〇先生と、宮城県出身で当時から〇研〇明にいて(現在も在籍している)M〇先生と一緒に受けました。

結果、非常に好成績であり、「随分簡単だな」正直にそう思いました。

その頃はその理由は解らなかったのですが(「俺って凄い?」的ににやけていたかもしれません)今思えば、「自分自身でエコーしている」そのadvantageだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(一部拡大)

特に「動画試験」が満点(100%)なのが解ります。

 

 

★「静止画」は机上の勉強で何とかなっても、『動画は実際に自分で行わなければ身につかない』

まさに、その「差」が出ているのです。

 

 

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up