乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



皆さん。こんにちは。

台風が来そうな日曜日です。如何お過ごしでしょうか。

久しぶりの関東上陸になりそうです。

 

私は、これから江戸〇区の薬剤師会での講演があるので、この作業もそろそろ終わらせて「お出掛けの準備」

そんなところです。

このような機会は、「乳癌の薬物療法」を自分の中で整理しなおすいいきっかけとなりました。(感謝)

 

 

〇本編

46歳 女性 Bさん

右Bt + Ax + Ic   pT2=35mm, pN1(3/8), luminal(HER2 0), Ki67=55%

術後 TCx4終了後、tamaxifen内服中、

術後3年目の腫瘍マーカーが上昇 CEA 3.2(4/2)⇒9.0(7/3)

PET  腰椎転移+縦隔リンパ節転移

★治療内容

radiationを終了(7/22 ~8/26)

EC終了(9/3~11/5)

palbociclib+Fulvestrant+LH-RHagonist(11/26より開始

(以上、今週のコラム199回目の内容)

 

 

『Bさん。 今日で(palbociclibを開始して)半年になります。 調子はどうですか?副作用は変わりませんか?』

 

 

 

 

『元気にやってます。特に副作用は気になりません。口内炎もうがいしていれば、大丈夫。慣れました。』

 

 

 

 

『採血もあまり問題ありません。白血球も2500程度で安定してます。治療中はこんなものでしょう。』

『現在は、マーカーも正常値、画像上もPRです。この状態を可能な限り継続しましょう。今後も半年毎に(継続するかを)検討していきましょう。』

 

 

 

 

CEAの推移

ECで速やかに正常化①し、

その後はpalbociclib + Fulvestrantで(正常値を)維持②しています。

 

 

82歳 女性 Cさん

左Bt + SN , HER2 type

2年前に手術、その後無治療。その時点では80歳

腫瘍マーカー上昇⇒PETにて肝転移が見つかった。

(治療)

trastuzumab + pertuzumab + eribulin  4cycle にて腫瘍マーカーも正常値、画像上もCR

(以上、今週のコラム 200回目の内容)

 

『治ったのだから、治療も終了じゃな?

 

『根治した可能性も(無論)ありますが… 検出限界以下に小さくなっただけで、残存している可能性があります。』

 

 

 

 

『残っているかもしれないってこと?それではどうするの?

 

『再燃しないように、治療を継続します。ただし、抗がん剤(eribulin)は終了にしましょう。つまりtrastuzumab + pertuzumab(分子標的薬単独)です。』

 

 

 

『抗がん剤が無くなるってことは、副作用も楽なんじゃな?(eribulinはそれほどではなかったけど…)髪の毛も生える?

 

 

『その通り、副作用もほぼない筈です。まず6か月継続してみましょう。』

 

 

 

〇6か月後

 

『今日のマーカーも正常です。もう6か月継続して様子見ますか?』

 

 

 

『孫が夏休みで家に来るんで、ひとまず終わりにしたいの。

 

『解りました。いいでしょう。 その代わり3か月に1回腫瘍マーカーのチェックと6か月に1回のPETだけは来てくださいね。』

 

 

 

 

CEA / CA15-3の推移

trastuzumab+pertuzumab+eribulinで一気に正常化①し

その後のtrasutuzuamb+pertuzumab(6か月)⇒無治療で正常値が維持②されています。

 

 

〇再発治療はHER2陰性(Bさん)とHER2陽性(Cさん)に分けられます。

それぞれのサブタイプでの「典型的な治療戦略」と言えるでしょう。

勿論、全ての方がBさんやCさんのように、上手くいくわけではありませんが、現実にそのようなケースはあるわけです。

 

★再発治療というと『どうせ、何やっても予後は一緒だから、楽な治療から』という消極的な方針をとる医師も少なくありません。

果たして、(抗HER2療法やCDK4/6阻害剤という新たな武器を手にした今でも)本当にそうなのでしょうか?(まだ結論には早いのです)

私が重視しているのは「正常化①」と「正常な状態の維持②」です。

同じ「維持」でも、「悪い状態を維持」と「(正常にしてから)正常な状態を維持」では、似て非なるもの。

正常な状態の維持の先にこそ根治が見え隠れするのです。(その先に「新薬」が待っていないとは限りませんよね?)