乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



梅雨、真っ盛りです。

じめじめ、いやですね。

早くマンボウ『スカロケ的、梅雨明宣言』出してくれー

 

今週のコラム 189回目 / 190でnode positiveでも(node negative同様)OncotypeDXが使えることを紹介しました。

今回は、「別の角度」からの論文を紹介しましょう。(このコラムも遂にacademic路線??)

 

Lymph Node Status in Breast Cancer Does Not Predict Tumor Biopsy      Ann Surg Oncol. 2018 Oct;25(10):2884-2889

 

『どういう内容なの?』

 

 

 

 

 

『ザックリ言うと、リンパ節転移有(macrometastasis)/微小転移有(micrometastasis)/リンパ節転移無の3群間で(OncotypeDXの)RSの数値に差があるのか?を調べたんだ。』

 

 

 

 

『で、どうだったの? リンパ節転移陽性だと(進行しているわけだから)RSが高めとか?』

 

 

 

 

 

『そんなことは無かったんだ。 3者で極めて似通っていたんだ。注  1 )

 

 

 

 

全体で610350症例で検討

(内訳)

N0 (486013 : 80%)

N1mi(24325 : 4%)

N+(56100 : 9%)

unknown(43912 : 7%)

注 1 )3群間で殆ど差が無いのがわかります。

  Mean RS low <18 intermediate 18-30 high ≧31
N0 18 59% 31% 10%
N1mi 16.7 64 30 7
N+ 17.3 62 30 8

 

 

『本当だね。「RSが高いとリンパ節転移を起こしやすい」というイメージは間違いだということ。もしも「リンパ節転移陽性だからという理由で抗がん剤を行った場合、其の殆どは無駄だった」と言えるよね。』

 

 

以上が結論だけど、この論文には「組織型とRSの関係」についても検討しています。

組織型(内訳)

通常の乳管癌(504362 : 86.5%)

小葉癌①classic type(49819 : 8.5%)

小葉癌②other variant(5069 : 0.87%)

粘液癌(16116 : 2.8%)

乳頭癌(4159 : 0.71%)

管状癌(3599 : 0.62%)

 

『ここから解ることは?』

 

 

 

 

・全ての組織型で「リンパ節転移によるRSの変化は無い」

・予後良好と言われている組織型(管状癌/粘液癌)は明らかにRSが低い。(乳頭癌は別格)

小葉癌(9割以上を占めるclassical type)も(上記ほどではないが)RSが低い

 

conclusions

(N0で)化学療法によるbenefitがRSによって分類されることが解っているが、(今回の試験では)N+でもRSで同じような割合に分類されることが判明した。

このことは、もしもRxPONDER注 2 )で「N+でも(N0同様に)RSが化学療法のbenefitを予想できるという結果となった場合」RSを用いれば、(今まで「リンパ節転移が陽性だから」という理由で抗がん剤治療されてきた)かなりの数の患者さんを無駄な抗がん剤から解放できるのである

注 2 )Rx for Positive Node, Endocrine Responsive Breast Cancerの略、内容は「今週のコラム 189回目」を参照のこと。