Site Overlay

7月5日(火)① 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存   [管理番号:10318]
25歳の娘に乳癌の診断がありました。

自分でしこりに気づき、すぐに乳腺クリニックを受診。
マンモ、エコー、針生検を行い、10日後に結果を聞きました。

クリニックの結果は、2.3センチ位、乳管癌(硬癌)、核グレード2、ホルモンは陰性、HER2は1+でトリプルネガティブとのことです。

脇の下にもエコーで気になる所見があり、クリニックの医師の見解では少なくともステージ2a以上では?とのことで、紹介状を持って病院を受診しました。

病院では初診時に採血、胸部xp、心電図、エコー、触診を行い次回造影MRIとPET CTを行います。
それで正解にステージを判断するそうです。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性25歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳管がん   [管理番号:10413]
非浸潤性乳管がんと診断されました。

でも、手術をしてみたら浸潤してる部分が
見つかるかもしれないし、分からないそうです。
検査で、浸潤してない部分を取り逃がす事はよくある事でしょうか?

まだしこりになっていないとの事でしたが、
診察の後に受け取った説明記録には、
今回、みぎ乳房にしこりが見つかりました
大きさ5センチ とありました。

さらに、ホルモン受容体 陰性
HER2 陰性
組織グレード ハイグレード

ネットで調べたらトリプルネガティヴとあり、
進行ご早いようですが、浸潤しないか心配です。

ハイグレードなのも、予後が心配です。

手術は8月に全摘予定です。

非浸潤がんならそれで治療は終了。
再建は同時にしますか?後にしますか?
と言われましたが想像ができず、田澤先生はどちらが良いと思いますか?
■病名:乳管がん
■症状:石灰化
<女性45歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳管がん

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up