Site Overlay

5月23日(月)④ 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

血流(+)エラストスコア4のしこり   [管理番号:10292]
総合病院では、最初の頃に希望して線維線種と思われるものは細胞診をしてもらいました。
硬そうで、刺さらない抜けないと大変そうでした。
1つは陰性、1つは判定不能でしたが、悪性なら判定不能にはならないと思うと言われました。

今年受けた4月の人間ドックはずっと乳腺外科を受診していた総合病院で受けました。

いつもなら2週間で返ってくる結果が1ヶ月後返ってきました。
マンモでは異常なし。
エコーでは左胸に6×7.9×4.7ミリの今までなかった腫瘤あり。
血流+、エラストスコア4でカテゴリー3と今までの担当医から書かれておりました。
今まで気づきませんでしたが、ピンポイントでさわってみると小豆大の硬いしこりに触れました。

すぐに受診しなければと思いましたが、週末も挟み、総合病院は乳腺外来が週何日か。
翌日すぐ診てもらえる乳がんで有名な病院に行きました。
触診とエコーの結果、「確かになにかあるけど。基本的には半年経過観察。その間に大きくなったら来て。形は多分良性」と。

そのときにはそうか、と少しほっとして帰った
のですが、こちらのコラムやQ&Aを見ると組織診してもらわず帰ったことが怖くなりました。
■症状:小豆大の硬いしこり
<女性41歳> ……【詳しく読む】血流(+)エラストスコア4のしこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節再発郭清後の治療について   [管理番号:10291]
抗がん剤:FEC3カ月、ウィークリーパクリタキセル3カ月
その後ホルモン療法としてリュープリン注射+タモキシフェン

叔母が乳がんになったこともあり、2020年10月にHBOC遺伝子検査を受け、
BRCA1は陰性、BRCA2は陰性解釈(グレー)

2022年3月の定期健診において、エコーとCTで左腋窩リンパ節転移が指摘される
造影CT、脳のMRI、骨シンチ検査を行い、現時点で多臓器転移なし
4月に腋窩リンパ節郭清(レベルⅠ、Ⅱ、ロッター)を実施
郭清した10個のうち5個にリンパ節転移あり
ホルモン受容体陽性(ER8、PgR4)
HER2 陰性
Ki-67:78.9%

主治医から提案されている今後の治療は以下の通りです。

放射線を25回照射
内分泌療法としてリュープリン+アリミデックス+ベージニオ抗がん剤はしっかりしたエビデンスが無い為専門家でも意見がわかれるとして、行うならTS-1かゼローダ

このような状態で先生でしたら、今後どのような治療を提案されますでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:左腋窩リンパ節再発
<女性39歳> ……【詳しく読む】リンパ節再発郭清後の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

環状紅斑みたいなもの   [管理番号:10290]
10ヶ月の子がおり授乳中です。

右の乳房にうっすら環状紅斑みたいなものが乳首の横や下に合わせて3つあるのですが、何か乳腺の病気の前触れでしょうか?

2人の子どもを立て続けに妊娠、出産したので、エコーばかりでマンモグラフィーは全然撮ってないので心配です。
その点は大丈夫でしょうか?

先月4月にエコー検査済みで異常は無しでした。
<女性35歳> ……【詳しく読む】環状紅斑みたいなもの

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up