Site Overlay

3月23日(水)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

3月(中旬)日に手術後の病理検査結果がでトリプルネガティブと診断されました。現状と今後の治療方針についてご教授ください。   [管理番号:10173]
質問1 最初の検査結果(ホルモン感受性あり)と全く違う結果になることがあるのでしょうか?

質問2 非浸潤ガンのほうがホルモン感受性ありだったのなら全摘しているのでホルモン療法はしなくてよいのですか?

質問3 Ki67がゆっくりタイプなのは少し安心ですが抗がん剤が効きにくいと聞いたこともあります。
トリプルネガティブの患者にとってこれはマイナスになりますか?

質問4 再発転移しやすいトリプルネガティブタイプの場合でもTC療法を選択することがあるのでしょうか?
田澤先生は私の67歳という年齢、病理検査結果から CT療法、もしくはAC+ドセタキセル療法、その他の抗がん剤治療などどの治療法を選択されるでしょうか?
<女性67歳> ……【詳しく読む】3月(中旬)日に手術後の病理検査結果がでトリプルネガティブと診断されました。現状と今後の治療方針についてご教授ください。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節郭清をするかどうか   [管理番号:10172]
次回の診察の時までにセンチネル生検の際、リンパ節転移が1つあった場合、リンパ節郭清をするかどうかを決めてきて下さい。
と、言われております。
再発等も不安な為、どうしたら良いのか悩んでいました。
リンパ節転移が1つでもあれば抗がん剤は使うとの事。

先生的にはリンパ節転移が微小転移が1つでもあれば全て取り除くようにしますか?また2ミリ以内?1個まで?2個までならそのリンパだけを取る?…等教えていただきたいです。
<女性49歳> ……【詳しく読む】リンパ節郭清をするかどうか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ランマークについて   [管理番号:10171]
今回は、ランマークについて、田澤先生の考えをお聞きしたいです。

2020年11月から毎月1回、ランマークの注射をしています。
CT、骨シンチでは溶けていた骨が埋まってきているのが確認できているとのこと。

私は、ランマークによる顎骨壊死や大腿骨の骨折がとても心配なのですが、この様な状態が続くのであれば、ランマークの間隔を少しあけてもらっても良いのでしょうか?
例えば、2ヶ月に一度の注射にした事で、元の状態に戻ってしまうものなのでしょうか?
治療を始めて1年経った頃、主治医にランマークの間隔あけれますか?
と聞いたのですが、その時は良くなったら大丈夫ですけど…と言われたのですが、毎回、よくなってきていると言ってくれているのに間隔をあける話は一向に出てこないので、田澤先生のご意見を伺ってから、もう一度、主治医に相談しようと思っています。
<女性47歳> ……【詳しく読む】ランマークについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

センチネルリンパ節生検陽性時の治療方針   [管理番号:10170]
2月中旬に右乳房全摘手術とセンチネルリンパ節生検を受けた1か月後の病理検査結果でリンパ転移が2個ありました。

主治医から示された今後の治療方針は、抗がん剤(FEC療法+ドセタキセルを3週間毎にそれぞれ4回)→放射線治療→ホルモン療法10年、腋窩リンパ節郭清はしないとの事でした。

リンパ転移2個までなら腋窩リンパ節郭清しなくても転移率は変わらない、腋窩リンパ節郭清する方がデメリットは大きいとの事でした。

??ルミナルA型なのですが、オンコタイプDXの検査を受けてから化学療法するか決めては治療が遅いでしょうか?

??先生ならば腋窩リンパ節郭清されますか?
■病名:乳癌
<女性49歳> ……【詳しく読む】センチネルリンパ節生検陽性時の治療方針

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up