Site Overlay

12月9日(木)① 1件の乳がんQ&A【結果】を更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

アポクリン癌の抗がん剤治療について   [管理番号:9912]
右乳がん温存手術後、病理検査の結果がでました。

■アポクリン癌(リンパ転移無し)
■浸潤径 1.8cm 浸潤径+乳管内進展巣 1.8cm
■切断断端 陰性
■脈管侵襲 なし
■Nuclear grade 1/histological grade 1
■ER陰性 PR陰性 HER2陰性 ki67陽性率10%程度

治療として必須なのは、
放射線治療25回+5回
そこに抗がん剤治療をするなら、TC療法を追加すると説明されました。

トリプルネガティブなら抗がん剤は必須なんだけど、アポクリン癌なので、必要か悩ましいと言われました。

主治医の方針としては、トリプルネガティブであることと、浸潤癌であったこと(事前の検査では非浸潤がほとんどと言われてました)、年齢が若いことなどから、抗がん剤で治療をおすすめしたいとのこと。

主治医はトリプルネガティブと1.8cmだったことで、抗がん剤は受けてほしいと言ってました。
■病名:右乳がん アポクリン癌
<女性46歳> ……【詳しく読む】アポクリン癌の抗がん剤治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up