Site Overlay

6月25日(金)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

針生検とエコー画像について   [管理番号:9505]
昨日右胸の下の方にしこりを発見し、本日乳腺外科の予約が取れた為受診してきました。

生理前であるため、乳腺症だろうと軽い気持ちで受診しました。

マンモグラフィー&超音波エコーをして頂きました。

マンモグラフィーは石灰化のみでしたが、超音波エコーで5×9ミリの縦長で境界線がやや不鮮明なものがあるとの事で針生検をして頂く事となりました。
明らかなギザギザではないとの事でした。
受診した病院は太さがそれなりにあるのでキシロカインを用いて行うとの事でしたが、針生検でもしっかりと確定診断がつくものでしょうか?やはり悪性の可能性が高いのでしょうか、、
他にも横長の綺麗なつるんとしたものもありました。
2年前に検査を受けた時には特に問題無しでした。
私事ですが、仕事がとても忙しい為入院が必要であれば万が一の事を考え早めに調整しておかねばと思い質問させて頂きました。
■症状:胸のしこり
<女性39歳> ……【詳しく読む】針生検とエコー画像について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

検診頻度   [管理番号:9504]
2020年7月末にマンモグラフィー、エコーで異常無し、2021年4月にエコーで異常無し。

次のマンモグラフィーは4月のエコーから半年後の10月か11月頃でも遅くはないでしょうか?
それとも最後のマンモグラフィーから1年の7月に受けるべきでしょうか?

先生がおすすめされているようにエコーはほぼ半年に1度受けているのですが、マンモグラフィーでしか早期発見できないものもあるのでしょうか?非浸潤性乳がんなどはエコーでは見つからないのでしょうか?
<女性44歳> ……【詳しく読む】検診頻度

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ステージ1 トリプルネガティブの術前抗がん剤治療について   [管理番号:9503]
今日お電話させていただき、セカンドピニオンを希望したところ1番早くて8月(上旬)日でした。

私は母親が乳がんで36歳で亡くなっており、半年に1度検診を受けてましたが昨日、乳がんの告知をされ、ステージ1のトリプルネガティブ グレード3 ki67 69% たぶん遺伝性の乳がんで勢いがあるガンだと説明されました。

私は全摘希望です。

治療方針は7月(中旬)日から抗がん剤治療を始めて4ヶ月後に手術の予定です。

そこで質問です。

こちらのQ&Aを読んで思ったのですがせっかくステージ1なのに先に抗がん剤治療をやらなきゃいけないのでしょうか?
全摘なら予後は同じと書いてあります。

もしも抗がん剤が効かなくて転移なんてしてしまったら絶対に後悔します。

私は先に手術をしてもらいその後抗がん剤治療の方が良いのかなと思い不安でいっぱいです。

田澤先生に、治療方針を聞きたく、抗がん剤治療が始まる前にセカンドピニオンを受けたかったのですが予約がいっぱいとのことで。
■病名:浸潤性乳管癌 トリプルネガティブ
■症状:左乳房 12ミリのしこり
<女性39歳> ……【詳しく読む】ステージ1 トリプルネガティブの術前抗がん剤治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

タモキシフェンとプラノバールの併用について   [管理番号:9502]
2018年11月、乳がん手術(部分切除)を受け、その後、放射線治療をしました。
2018年12月より現在までタモキシフェンを服用しています。
その後、生理は順調に28日周期で来ています。

今回、生理移動ピル(プラノバール)を服用したいと思っているのですが、タモキシフェンとの併用は問題ないでしょうか。

主治医に確認したところ、
・短期間(プラノバールを10日服用予定です)ならば、問題はないと思う。

・タモキシフェンを服用しているので、プラノバールを飲んでも生理移動の効果はないのではないか。

・医師としては飲むことを勧めない。

とのことでした。

タモキシフェンを服用していると、プラノバールを飲んでも生理移動はできないものなのでしょうか。

また、プラノバールの服用10日間、例えばタモキシフェンを休薬するというのはリスクがあるのでしょうか。
■病名:乳がん
<女性48歳> ……【詳しく読む】タモキシフェンとプラノバールの併用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up