Site Overlay

6月12日(土)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

Mucinous and Micropapillary   [管理番号:8512]
アメリカ在住のゆえ、主に英語にて失礼します。

03/16/20にMucinous carcinomaと診断。
biopsy の結果、腫瘍
1.2cmでlow grade, ER/PR positive, HER2 negative, Ki-67 0-5%と
のことで、04/21/20に左胸温存手術。

1). 断面陽性とのことで、再手術になるのですが、全摘を勧められました。
できればskin sparingでいきたいのですが、担当医からskin sparingはここの病院ではやっていないので、他の病院へ紹介することになると言われました。
そうなるとすぐに手術とは
いかないと思うのですが、再手術はすぐしなくても大丈夫でしょうか?

2) Mucinous(粘液癌)はおとなしいタイプと聞いて安心していたのですが、Mucinous and micropapillary ということは混合系ということでしょうか?micropapillary だけ見ると、進行形のようなのですが、結果報告には比率など書かれておらず、結局私の癌はおとなしいタイプ、それとも進行形、どちらなのでしょうか?

3)報告書によると、発見されたDCIS も、cribriform, comedo, micropapillary, mucinousとありますが、多種あることは再発率に影響を与えるのでしょうか?全摘してしまえば問題ないのでしょうか?
■病名:Invasive carcinoma, Mucinous and Micropapillary
<女性:43歳> ……【詳しく読む】MUCINOUS AND MICROPAPILLARY

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

子供の脇が腫れています。   [管理番号:9467]
中学生女子、生理はまだです。

今年の2月、脇に痒み、腫れがあり皮膚科を受診しました。

元々アレルギー性皮膚炎の症状もあり、掻いた事で皮膚から細菌が入り腫れたのでしょうという事でした。

それから皮膚炎の症状に伴って、脇の腫れが少しひいたりぶり返したりを繰り返しています。
<女性13歳> ……【詳しく読む】子供の脇が腫れています。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤部5ミリHER2陽性について   [管理番号:6126]
2018年2月上旬に乳がんと診断され、
その後乳房温存手術(しこりは1.5cmで拡がりがあまりないと診断されたため)を行いました。
病理結果
ステージ1
浸潤性乳管癌
浸潤部5ミリと2ミリ
ホルモン受容体陰性
HER2陽性(3+)
ki67 18%
核グレード2
リンパ節転移無し
脈管侵襲無し
切断断端陰性
今後の治療計画
最大浸潤部5ミリということで抗がん剤+ハーセプチン治療は無し。
まもなく放射線治療開始(全16回)
そこで質問があります。
①放射線治療の回数が少なめに思われるのですが、田澤先生はどう思われますか?
②浸潤部5ミリの場合サブタイプを気にする必要がないというコメントをQ&Aで見ましたが、HER2(3+)でも同じでしょうか?
③最大浸潤部が5ミリ(ギリギリ)かつ、HER2(3+)ということで、再発や転移がとても気になり、不安で仕方ありません…。
田澤先生のご経験上、再発率はどれほどでしょうか?
<女性:50歳> ……【詳しく読む】浸潤部5ミリHER2陽性について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

子宮体癌検診が必要か   [管理番号:9466]
昨年から、乳がん手術後タモキシフェンを服用しており、主治医からは一年に一回子宮体癌検診を受けるように言われました。
一応閉経前乳がん(手術前には生理が不規則になりつつありましたが、術後に一度来て今は止まっています)だと思うのですが、ネットで調べたら閉経前乳がんは子宮体癌リスクはないが子宮ポリープがある人はリスクになるので検診を受けるようにとありました。
私は筋腫があるのですが、子宮筋腫もタモキシフェンを飲んでいたら子宮体癌のリスクになるのでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:婦人科で筋腫があること以外気になる症状は今のところありません。
<女性54歳> ……【詳しく読む】子宮体癌検診が必要か

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up