Site Overlay

3月5日(金)③ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

右浸潤性小葉癌全摘から3年後右腋窩リンパ管転移   [管理番号:9196]
質問ですが、
1.2回目のTC療法で風邪を引き37.4°の熱がありましたが、血液検査のデ-タでは受けてもよいという
事で受けましたが、今も同じくらいの熱が続いています。
少し左肺の鎖骨近くに痛みがありレントゲン検査を受けましたが、異常ありませんでした。
3回目は2月中旬になりますが熱が続いた場合、大丈夫でしょうか?

2.ピンポイントの右腋窩放射線照射は効果があるのでしょうか?右肺までやったほうがいいのではないでしょうか?

3.リンパ管転移はリンパ節転移がなくても遠隔転移の危険性は高いのでしょうか? 右全摘したにもかかわらず脇表面のリンパ管に転移したという事はどういう事ですか?

4.2020年6月頃にはアテロ-ムと診断されていましたが10月頃には1.2cm位になり10月に手術を受けました、その後、11月に郭清しましたが心配です。
リンパ管転移とリンパ節転移の違いがよく分かりません、お教え願います。

5.どうして初発の乳ガンでは断端陰性にもかかわらず転移してしまってのでしょうか?
■病名:乳がん 右浸潤性小葉癌
<女性:61歳> ……【詳しく読む】右浸潤性小葉癌全摘から3年後右腋窩リンパ管転移

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ハーセプチンのジェネリックについて   [管理番号:8496]
こんにちは。

いつも先生の解答で元気をもらっている1人です。

私は昨年よりTC療法4回を終え現在ハーセプチンだけを行っています。
12月までの治療が残っています。

4月からがん診療地域連携パスと言う事で手術を受けた病院から乳腺専門クリニックでの治療となったのですが、そこのクリニックでは、ハーセプチンのジェネリック薬での治療と言う事で先月受けたのですが、田澤先生にお尋ねしたい事は、ジェネリックの点滴でも先発薬と比べて効果など問題ないのでしょうか?
文章が上手くなくて申し訳ありません。

よろしくお願いします。
■病名:乳がんステージ1 HAR2陽性
<女性:59歳> ……【詳しく読む】ハーセプチンのジェネリックについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

告知手前です   [管理番号:6219]
左胸にしこりがあったため、金曜に、エコーと超音波検査をしたところ、「悪いものである可能性が否定できない」ため、すぐに局部麻酔をして組織を取る検査をしました。
エコーや超音波の結果からは「がんの確率が7割」と言われています。
組織を取る結果の結果は、1週間後です。

しこりは押すと痛く、動くのですが、ゴツゴツした感じはあります。
触診ではしこりの大きさは3cmほどだそうです。

この3cmのものが癌だった場合、ステージはどの程度になるのでしょうか。
これは、どういう状態なのでしょうか。
7割というのは限りなく黒に近いということですよね。。

そして3cm、大きさも気になります。
また、少し待って、治療成績の良い病院で治療を受けるのと、そこまで待たずに通常の病院で治療を受けるのとどちらがよいのでしょうか。

あまりにも辛いので、何か補足情報などいただけましたら幸いです。
<女性:37歳> ……【詳しく読む】告知手前です

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腋窩リンパ節への転移疑いについて   [管理番号:9223]
42歳に浸潤性乳菅がんの診断を受け、右乳房全摘出手術。
腫瘍サイズ3センチほどで、リンパ節転移あり 2/11個 ホルモン受容
体ER100%PgR95%、HER2 陰性 顔つき2 脈菅浸潤なし Kai-67 25%

昨年11月に摘出していない左乳房乳頭から単孔性血性の分泌液があり、受診。
エコー問題なし、分泌液細胞診 「泡沫細胞と炎症細胞を認めますが、明らかな異型細胞はみられません。」分泌液
は1週間で収まり、3ヶ月経過した現在は絞っても分泌液は出てません。
そして、不安なので乳房MRIを撮ると、乳房に異常なしだが、リンパ節肥大。
そして、リンパ節の細胞診 判定 良性小~中型のリンパ球がみられる。
反応性変化と考える。
との診断。
さらに不安で、PET検査を2ヶ月後に受けましたが、やはり同じリンパ節が光ってました。
主治医はリンパ節の転移とは言わず、可能性として、リンパ節の炎症、または右乳がんの転移の可能性。
しかし、他の部位に何も異常が無いので様子をみたら…と
の提案。
手術して腫瘍の中身を確認した方が良いと思うのですが、どの様にしたら不安は取り除けますか。
■病名:浸潤性乳管がん
■症状:腋窩リンパ肥大
<女性:47歳> ……【詳しく読む】腋窩リンパ節への転移疑いについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up