Site Overlay

2月6日(土)④ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

手術後にリンパ節転移1個あり、放射線治療の照射範囲を広げるのと追加廓清とどちらがよいのでしょうか。   [管理番号:9116]
2010年から毎年、乳がん検診を受けていましたが、去年11月に乳がんと告知を受けました。

悪性腫瘤の位置が右乳房Cの辺縁にあるため、
ブラインドエリアに入り、抽出されていなかったのではないかと言われました。

セカンドオピニオン、遺伝子検査(陰性)を受け、最終的に、温存手術を選びました。

現在は、12月(下旬)日に右乳房温存手術を行い、先日病理検査結果を聞いたところです。

そこで、術前検査との乖離があり、治療方法について悩んでいます。
■病名:右乳房浸潤性乳管癌(硬癌)
<女性:40歳> ……【詳しく読む】手術後にリンパ節転移1個あり、放射線治療の照射範囲を広げるのと追加廓清とどちらがよいのでしょうか。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞性腫瘤の検査について   [管理番号:9160]
乳癌検診(超音波)で、がん疑い再検査になっています。

右C領域に20.8X17.2mm大の大きな充実成分を有するのう胞性腫瘤を認めます。
後方エコー減弱。
側方陰影あり。
カテゴリー4疑いです。

右B領域に5.2X4.9mm大の9mm大ののう胞を認めます。

右乳頭直下に乳管拡張を認めます。
内腔には5.6mm×9mm大の充
実成分の存在が疑われます。
カテゴリー3疑いです。

左C領域に13.4×11.3mm大の大きな充実成分を有するのう胞性腫瘤を認めます。
後方エコー減弱。
側方陰影あり。
カテゴリー4疑いです。
(乳癌の疑い:外科を受診して下さい)
左乳頭直下に乳管拡張を認めます。
内腔には 5.1mm大、5.6mm
大、12.9mm大の充実成分の存在が疑われます。
カテゴリー3疑いです。

これが私の検診結果です。
<女性:38歳> ……【詳しく読む】嚢胞性腫瘤の検査について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節郭清なしでのリンパ浮腫の可能性   [管理番号:9175]
▼質問▼
これはリンパ浮腫のはじまりでしょうか?
毎日、外来で溜まったリンパ液を
抜きに行けばそのうち治るものでしょうか?
(本日で術後から9日目になります。)
今日も外来へ行く予定です…

術後からこんなに辛い思いをするとは
思っていなかったので悲しいです。

これから抗がん剤や放射線治療も
始まるのに、この脇と腕の痺れや痛みにやられてしまいそうです。
■病名:乳癌
■症状:脇のリンパ液貯留と痺れと痛み
<女性:41歳> ……【詳しく読む】リンパ節郭清なしでのリンパ浮腫の可能性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

縦長しこりと分泌   [管理番号:3358]
MRIの結果、半年前と同じで変化がなく、癌の症状もないので、経過観察となりました。
マンモトームをお願いしましたが、良性なので、体に負担がかかる検査は必要がないと言われました。
最初左胸乳頭分泌(気になる一ヵ所から毎回毎日ではありませんが分泌あり、たまに他からも分泌あり)で受診し、超音波で胸の張り強化があり、非浸潤癌(しこりなし、AC領域広範囲)の可能性で、CNB検査をし、最初の検査で癌細胞が出ず、追加の染色検査で癌ではないと言われました。
乳腺症と乳管内乳頭腫。
<女性:46歳> ……【詳しく読む】縦長しこりと分泌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up