Site Overlay

縦長しこりと分泌

[管理番号:3358]
性別:女性
年齢:46歳
 
 

質問者様の別の質問

質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:2244「pTとcT
 
 
管理番号:1672「縦長しこりと分泌物(両胸)

 
よろしくお願いいたします。
 
MRIの結果、半年前と同じで変化がなく、癌の症状もないので、経過観察となりました。
マンモトームをお願いしましたが、良性なので、体に負担がかかる検査は必要がないと言われました。
最初左胸乳頭分泌(気になる一ヵ所から毎回毎日ではありませんが分泌あり、たまに他からも分泌あり)で受診し、超音波で胸の張り強化があり、非浸潤癌(しこりなし、AC領域広範囲)の可能性で、CNB検査をし、最初の検査で癌細胞が出ず、追加の染色検査で癌ではないと言われました。
乳腺症と乳管内乳頭腫。
 
もともと乳腺症と乳管拡張で、胸の張り強化は、あったようですが、今回それが強くなって詳しく検査をしました。
このような場合は、100%の結果になるのでしょうか?
主治医の許可、紹介状なしで、そちらでマンモトームをやってもらうことはできるのでしょうか?
田澤先生や主治医に失礼なりますか?
マンモトームをやると胸に印がついて、検査したことがわかるのでしょうか?
 
主治医とは、今年頭に右胸の手術をしてもらい、今後もそちらでお世話になります。
そちらとの関係も悪くはしたくないのもあります。
良性と言われても、そちらで癌が見つかる方が多いと、こちらのサイトを拝見していて思い、不安になりました。
乳頭分泌とマンモトームをやる場合は、東京でやるのでしょうか?市川でしょうか?
遠方のため、受診した初日にすべて検査してもらうことは可能でしょうか?
結果を郵送していただいている方もいらっしゃるので、結果は病院へ受診しなくてもいいでしょうか?
仕事もあり、お盆休みに受診とかはできるのでしょうか?
 
ホルモンの関係で経過観察も1ヶ月2ヶ月ではなく、半年なのでと主治医から安心してくださいと言われました。
主治医を信頼はしていますが、不安もあるのも事実です。
 
忙しいなか、沢山ある質問の中、回答頂きたく、よろしいお願いいたします。
再質問管理番号:
再質問タイトル:縦長しこりと分泌
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
前回番号の記載がないので、「今回のメール内容だけ」から判断しコメントします。
「非浸潤癌(しこりなし、AC領域広範囲)の可能性で、CNB検査をし、最初の検査で癌細胞が出ず、追加の染色検査で癌ではない」
⇒これは、すこし危険な診断ですね(私の感覚です)
 明らかに「腫瘤非形成性病変」です。
 そもそも「腫瘤非形成性病変の確定診断にはバネ式針生検は役不足」です。
 しかも今回は「追加免疫染色までしている」ところをみると、「尚の事、マンモトーム生検で広範囲に組織採取すべき」となります。
 
「このような場合は、100%の結果になるのでしょうか?」
⇒なりません。
 
「主治医の許可、紹介状なしで、そちらでマンモトームをやってもらうことはできるのでしょうか?」
⇒できます。
 
「田澤先生や主治医に失礼なりますか?」
⇒そのようなことを気にしていたら後悔するかもしれません。
 やるべきことはやった方がいいでしょう。
 
「マンモトームをやると胸に印がついて、検査したことがわかるのでしょうか?」
⇒良く見れば解るかも知れませんが…
 言われなければ気づかないと思います。
 
「乳頭分泌とマンモトームをやる場合は、東京でやるのでしょうか?市川でしょうか?」
⇒どりらでもできますが…
 私にとっては、市川の方がやりやすいですね。(スタッフの協力や照明の関係で)
 
「遠方のため、受診した初日にすべて検査してもらうことは可能でしょうか?」
⇒可能です。
 
「結果を郵送していただいている方もいらっしゃるので、結果は病院へ受診しなくてもいいでしょうか?」
⇒その通りです。

「仕事もあり、お盆休みに受診とかはできるのでしょうか?」
⇒御盆休みはないですが…
 今から、その時期に予約は難しいかもしれません。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

タモキシフェン服用中 内膜肥厚と新たにできた腫瘍
性別:女性
年齢:50歳
病名:乳癌
症状:しこりと分泌
投稿日:2020年3月29日

先生お久しぶりです。

よろしくお願い致します。

2016年に右胸、その半年後に左胸の乳がんになりました。

右胸は、薬物治療対象ではありません。

左胸は、浸潤0.5×0.7 腺管がん
ki5.5 ER100 PR50 HER2陰性 リンパ転移なし 脈管浸潤なし

生理は4年前からきていませんが、閉経していないの事で、タモキシフェン服用して3年、1年前に内膜肥厚を指摘されましたが、
婦人科でまだ閉経していないのと、内膜が7.6から5と落ち着いた事で、一度休薬をしましたが、再開をしていました。

3カ月に一度婦人科の内診をしています。

2020年3月のエコーでまた内膜肥厚9.6と、内膜に新たに1.0×0.6の腫瘍を指摘されました。

婦人科主治医からは、筋腫かポリープではないかと言われましたが、閉経していないとはいえ、生理がきていないので、3か月前になかったものは、子宮肉腫ではないかと不安です。

2月の血液検査では、エストラジオールが5未満でしたが、LH8
FSH19 で乳腺外科主治医と婦人科主治医から閉経でないので、
タモキシフェン服用と言われました。
閉経後の薬に変更して、生理が戻ってしまう可能性があると言われました。

現在休薬をして、体がん検査をしたので結果待ちです。

今後私はどのような治療をしていけばいいでしょうか?
乳腺外科副主治医からは、
①リュープリンで閉経させて、閉経後の薬にする。
②リュープリン単独
③リュープリン+トレミフェン

言われました。

どれもガイドラインやこちらのQ&Aに推奨されていないようで、不安です。

3年服用してきましたが、このまま中止したら、今まで服用してきた意味はなくなってしまいますか?

以前無治療の場合14%、ホルモン治療9%と教えていただきましたが、これは現在も変わりないでしょうか?

3年服用で中止してしまった場合は、再発率はどうなりますか?

沢山の患者さんの治療をしている先生でしたら、どのように治療されますか?
またわたしのような患者さんはいらっしゃいますか?

わたしのような場合でタモキシフェンで体がん、肉腫になっている方はいますか?
新たにできたものが、肉腫だったらと考えてしまいます。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

重要なことは3つ
1.タモキシフェンで子宮肉腫はできない
2.子宮内膜肥厚があれば、タモキシフェンは中止
3.pT1bなのだから無理する必要は全くなし

「今後私はどのような治療をしていけばいいでしょうか?」
「沢山の患者さんの治療をしている先生でしたら、どのように治療されますか?」

⇒無治療です。

「3年服用してきましたが、このまま中止したら、今まで服用してきた意味はなくなってしまいますか?」
⇒そんなことは(常識的に)ありません。

「3年服用で中止してしまった場合は、再発率はどうなりますか?」
⇒もともと早期だから…

 殆ど影響ないでしょう。

「またわたしのような患者さんはいらっしゃいますか?」
⇒いらっしゃいます。
 全て無治療となっています。

 乳癌術後の内分泌療法は、あくまでも「予防」なのです。
 それによって「現実のリスク(この場合、内膜肥厚や腫瘍?)」の可能性が出てきた場合には中止するのが当然です。(再発治療とは意味が全く異なるのです)

「わたしのような場合でタモキシフェンで体がん、肉腫になっている方はいますか?」
⇒肉腫はいらっしゃいませんが(そもそも婦人会も「肉腫」は疑っていないと思いますよ)

 子宮体癌は「かなり」の低頻度ですが、いらっしゃいました。(仙台時代ですが)
 

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
8+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up