Site Overlay

9月11日(金)③ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ki-67値測定不能   [管理番号:8869]
2020年8月右乳房全摘+センチネルリンパ節生検を行いました。

術前の針生検査では、Ki-67値が20~30%となっておりましたが
術後の病理組織診断では、「Ki-67値は浸潤部分でしか測定できなくて、それが少なく測定不能」との事。

主治医の見解は、仮に Oncotype などの追加検査でHigh-Riskとなっても浸潤部が1mmなので抗がん剤不要、ホルモン治療が5年→10年になるだけ、との事です。

そこで疑問なのですが

①Ki-67値が、「術前:20~30%→術後:測定不能」は、針生検査で浸潤している病変を取りすぎてしまったという事でしょうか?こういう事は良くある事なんでしょうか?

②田澤先生も、「浸潤がなければ、抗がん剤治療不要」とお考えでしょうか?

私の浅い浅いネット知識では、「全身に散らばっている微小な癌の元が癌化する悪性度がki-67値」「悪性度が高ければ、癌化する前に抗がん剤で叩く」と思っているので、今回の病理結果(ki-67値が分からない)にスッキリする事が出来ないのです。
■病名:浸潤性乳癌
<女性:52歳> ……【詳しく読む】KI-67値測定不能

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

再転移での治療質問   [管理番号:7656]
2018年8月 胸骨 肺骨に転移
リュープリン・フェマーラ
放射線(肺骨)サイバーナイフ(胸骨)
骨には痛みがあったため放射線をしたのだと思う。

ランマーク

2019年 8月(上旬)日 CT検査にて肺への転移
フェソロデックス
ランマーク
リュープリン

肺の影は1センチ程度の小さい物
最善の治療方法を知りたいです。
■病名:乳がん
■症状:遠隔転移
<女性:51歳> ……【詳しく読む】再転移での治療質問

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

見落とされやすいタイプなどありますか   [管理番号:8868]
一応生検してハッキリさせましょう。
と言われ結果悪性。

病理結果
T3N1M0(浸潤径8センチ)
ER,90%
PgR,90%
Her2 陰性
ki67,60%

質問としましては、

①自分でも明かに大きな塊のしこりが分かりました。

1ー2の流れで、これ程の大きさなのに癌を強く疑われなかった印象があるのですが、
大きなしこりでもエコーで分かりにくいタイプなどあるのでしょうか?
また、エコーでも石灰化は分かりますか?

②2の受診時エコーで嚢胞も指摘され、
中身を細い針で調べました。

結果、嚢胞の中からも癌細胞検出。

→これはしこりの他に、嚢胞も癌だったという事ですか?これは珍しい事なのでしょうか?

最初のクリニックでは癌では無いとはっきり言われたし、自分でも20代で癌になるとは思わなかったので、生検していなかったらと思うとゾッとします…
<女性:32歳> ……【詳しく読む】見落とされやすいタイプなどありますか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

自己触診でしこりのように感じる   [管理番号:8867]
授乳中で左胸に痛みがあり、また母乳が詰まったかなと思って触っていたら(母乳の詰まりではなかったのですが)どんどん気になりしこりに感じる部分がありました。

いつも自分ではしこりなのか乳腺なのかが分からず、自己触診すると全て不安に感じてしまうので3ヶ月~半年に一度くらいのペースで乳腺外科にてエコーをやってもらっています。

最近は7月下旬に田澤先生にエコーして頂きました。
(ありがとうございました)
1ヶ月ちょっとで新たに自分で触れるくらいのしこりが出来ることはありますでしょうか?
すぐに乳腺外科に診て頂いた方が宜しいでしょうか?
<女性:37歳> ……【詳しく読む】自己触診でしこりのように感じる

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up