Site Overlay

3月31日(火)① 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

左側乳がん 両脇リンパ節腫大   [管理番号:5774]
転移の数によっては浸潤部分のサブタイプでの治療をすれば良いこともあるのですよね?
ですが、主治医の方針ではリンパ節転移が事前に分かっている時は同時再建しない、との事で、おそらく転移の状況に関わらず、放射線と抗ガン剤治療をする方向なのかなと思います。
まだ転移が決まったわけではないので、詳細な話は聞いていませんが…
特に心当たりもなく、両脇のリンパ節腫大というのは珍しい事ですか?
他になにか病気がある可能性もありますか?
<女性:39歳> ……【詳しく読む】左側乳がん 両脇リンパ節腫大

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後抗がん剤治療の必要性及びレジメン内容、RSスコアの判断基準。ミレーナ抜去の必要性について   [管理番号:8424]
低リスクならば、抗がん剤治療なしで決定中間リスク以上であれば、抗がん剤治療に挑もうと思っております。

①RSスコアが25以下であれば抗がん剤治療の必要なしとのお答えを見ました。

そのエビデンスとなるコラムなどが見つけられずどういった理由なのかを知りたいです。

②中間リスク以上であれば抗がん剤治療するにあたり、
主治医から当病院ではAC療法一択である、との返答でした。
私はルミナルBタイプです。

先生のコラムとQ&Aを拝見すると、

SABCS 2007でTC>ACが示されて以降、(非アンスラサイクリンレジメンである)TCが一般化されています。
とあります。

その際にはTC療法を希望し、治療を受けたいと要望しますが
病院施設により、受け入れられないといったことはあるのでしょうか。

その際にはセカンドオピニオンを希望し転院という事になるのでしょうか。
■病名:右乳癌 Stage IIA, Luminal Btype
<女性:44歳> ……【詳しく読む】術後抗がん剤治療の必要性及びレジメン内容、RSスコアの判断基準。ミレーナ抜去の必要性について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up