乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

肺転移の可能性   [管理番号:7601]
術後説明では、
T1N0M0でステージは1で、肺転移ではなさそう。
先に乳がんの治療をしましょうとなりました。

その後 エピルビシンとドセタキセルを交互に各3回、間に放射線療法をはさんで
エピルビシンとドセタキセルを交互に各5回の抗がん剤治療を4月に終えました。

肺転移の可能性は2019.1月のCT検査、前回と大きさ変化なし、抗がん剤治療後、腹腔鏡肺がん手術のため、大学病院に紹介しますとのことでした。

4月に抗がん剤治療を終えた段階は、医師間で意見がわかれるので、1月間、経過観察、5月半ばに、放射線療法の肺炎がわかり、今はステロイド剤の治療中です。

指摘されている影は約8.9mm 右肺下部、背中側で、最初の段階から
肺の結節を指摘されています。

カルテには、初診の日付で、T1N0M1と記載があります。
経口抗がん剤
はUFTとエンドキサン服用中
遠隔転移なれば、生存率がぐっと下がることが不安でなりません。
■病名:トリプルネガティブ乳がん
<女性:61歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右脇のしこり   [管理番号:7802]
左乳癌、トリプルネガティブ、ステージ3Cで、術前化学療法後に手術しました。
その後、左鎖骨上・下、胸骨傍リンパ節に放射線治療をしました。
5月に治療を終えたばかりです。
9月再診のエコーで右脇の腫れを指摘され、細胞針をしました。
治療が終わって4ヶ月しか経っていないのに転移かと思うと、不安でたまりません。

先生の経験上、転移の可能性が高いでしょうか?
■病名:左乳ガン
■症状:右脇のしこり
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。