乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

温存か全摘かを迷っています。   [管理番号:7572] 
8月(上旬)日オペ予定です。

術前の造影剤MRIではリンパ節転移はなさそうです。

主治医は温存でもいける見解で、全摘を強く勧める状態でもないとのことで、部分切除を実施、術中に断端評価し2回断端評価してもまだ癌がある場合は全摘に移行。
腋窩リンパ節も術中検査。
転移2mm以上なら腋窩郭清術という手術同意書を用意してありましたが、基本温存か全摘かは患者さんの意思を優先するとのことで、それを聞いて私が迷いだしたため、術式は保留になっています。

私が迷っているのは局所再発のリスクです。
大きさも1amより小さければ迷わず温存を選択すると思いますが、今回、検診をまじめに受けていたにもかかわらず、自分で見つけてしかもすでに大きさは1amを超えてしまっているので再発リスクも高いのではないかと心配です。
ただ全摘でも全くないわけではないから、だったら温存で放射線をした方が実は再発率は低いのではないかとも思っています。

これに関してはネットでも色々な見解があって悩んでいます。
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳ガンが出来る確率   [管理番号:7571] 
質問1番
良性腫瘍が出来やすい体質の場合、
普通の人と比べてどのくらい
乳ガンが出来る確率は高いですか?

質問2番、6ヶ月に1回超音波エコーを行っておりますが
このペースだったら超早期発見出来ますか?
たちの悪い乳ガンだったら6ヶ月に1回では少ないですか?

質問3、たちの悪い乳ガンが大きくなるにはどのくらいのスピードですか?

質問4番、母乳の中に毎回透明が出ますが問題ないですか?
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤をするかしないかの選択   [管理番号:7570] 
6月(中旬)日に温存手術をしました。

リンパ節転移なし
ER:TS-8
PR:TS-7
Her2. 2 fish検査で陰性
ki-67 30-40%
核グレード3(核異型スコア3 核分裂スコア2)
断端露出なし

先生のQ&Aで勉強させていただいています。

・ルミナールBのグレーゾーン
・オンコタイプ検査をした方がいい。

ということで間違っていないですか?
オンコタイプ検査を受けようと思っています。

・オンコタイプの結果が中間だった場合、50歳以下で21以上で化学治療を選択するという決断をしようと思っています。

間違ってないでしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

骨転移   [管理番号:7534] 
骨転移についてお伺いしたいのですが、初発乳がん、ホルモン+、HER2陽性、微小浸潤癌で、放射線治療、ホルモン剤を服用しておりましたが、
先日、術後1年半で腰痛、足の痺れの為レントゲンを撮りヘルニアの兆候が見られるということでそのままMRIを撮りました。
そこで多発性骨転移と診断されました。
レントゲンには転移の所見は見られませんでした。
整形外科の先生曰く、MRIの画像を見る限り、通常は骨転移と診断しますが、
初発乳がんの状況からは稀なケースということで原発の骨腫瘍も視野に入れてもう少し検査してみましょうということで骨生検を行いました。

ただ今、生検の結果待ちです。
ペット検査もしましたが、腫瘍が小さい為光っていなかった可能性もあるようです。

多発していることもあり、良性の可能性は低いだろうということです。
■病名:乳がん多発性骨転移
■症状:腰痛、足痺れ
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。