乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ご質問と不安なことについて   [管理番号:7150] 
今回、両胸とも確定診断検査の必要なしこりが見つかり、とても動揺しております。

その場で質問が思いつかず、後から不安なことや質問事項が出てきてしまいまして、目を通していただければ幸いです。
貴重な質問枠を使用させて頂いて申し訳ありません。

私が特に心配しているのが、左胸に見つかった6-7mmのしこりです。

その形があまりにもいびつでギザギザだったからです。

先生が血流もすこし入り込んでるとおっしゃっていたかと…思うのですが既に頭真っ白でした。
情けないです申し訳ありません。

再度乳がんプラザを拝読しましたが、形がいびつなしこりの場合、先生は4-6割程度の確率で癌の可能性があると書いていらっしゃいました。

これはどんないびつさでも一定してこの確率であり、いびつであればあるほど癌である可能性が高くなる訳ではない、ということでしょうか。
■症状:右胸に11mm、左胸に6-7mmのしこり
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールAとBの間   [管理番号:7149] 
術後の病理検査結果を先日主治医から説明を受け、グレード3、ki67 が中間(口頭で30%と言われました)という結果に不安が出ましてご質問させていただきたく思います。
再発リスクは低いといった結果が出てますが、グレード3でki67 30%は転移する確率でみると、低くくないのではないかと考えてしまいました。

治療方針は、放射線25回、タモキシフェン5年以上服用、3か月ごとにホルモン注射を2年間、三ヶ月毎に主治医の診察、1年ごとに検診となりました。

他の病院のホームページで、グレード3でki67 が30%以上は抗がん剤を検討しますと書いてありまして不安が増しました。サブタイトルは、術前の生検ではルミナールAでグレード1と言われてましたが、病理検査結果後、主治医からはルミナールAとBの間だねと告げられました。
主治医から話は出ませんでしたが、私のような結果の場合、オンコタイプDXを検討すべき対象でしょうか。
2下旬より放射線治療開始します。

5日前よりタモキシフェンの服用を開始しています。
2月中旬からホルモン注射開始です。
放射線と同時にタモキシフェンを服用することで副作用が出やすいなどないのでしょうか。

もしもオンコタイプDXを受けない場合は、田澤先生ならどのような治療をしますか?
■病名:左乳がん
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

よろしくお願いします   [管理番号:6778] 
去年しこりに気づき細胞診をしたところ良性との結果が出ました。
1か月前から乳頭からの出血がありマンモエコー細胞診の結果 しこりは3つあり大きいもので2cm。
小さいもので5mm。
非浸潤性の疑いとの事で大学病院に紹介状を書いてもらい先週組織診をして今結果待ちです。
その際脇の下の触診では何も言われず非浸潤性か浸潤性かで治療内容も変わってくるから手術してから治療法を考えましょうと言われました。

1か月前から咳が続いており既に肺に転移しているのではと不安になっています。
手術前にある程度のステージや非浸潤性か浸潤性かはわからないのでしょうか? 医師からは、もし浸潤性だった場合ステージ1.2どころじゃないと言われ、不安でたまりません。
■病名:非浸潤性乳がん
■症状:しこり、乳頭分泌
<女性:26歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。