乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳管内乳頭腫疑い   [管理番号:6833] 
質問ですが、セレロで調べた結果、線維腺腫、乳頭内乳頭腫、癌である
確率は一般的にどれほどのものでしょうか?
調べた結果実は線維腺腫でしたということもありますか?
乳管内乳頭腫は36歳の私の年代では珍しいものでしょうか?
私の乳頭内乳頭腫は5ミリですが、セレロをして無くなったりすることはありますか?
以前、マンモトームして頂いた線維腺腫は無くなりました。

小さくても乳管内乳頭腫は切除する方が良いでしょうか?
■病名:乳管内乳頭腫疑い
■症状:自覚症状はなし、健康診断で発見
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

反対側にもしこりが・・・   [管理番号:4516] 
私の、3年前と反対側の胸へのしこりは、転移や再発ではないのでしょうか?
1年前のマンモには、
こんなしこりはありませんでした。
1年でこんなに大きくなるものなのでしょうか。

ホルモン療法をしていても、
癌ができるということは、あるんでしょうか。

左の乳がんとは、全く無関係なのでしょうか。
私は抗がん剤はしておらず、そのために今回の癌ができてしまったとしても
それは後悔していません。
■病名:乳がん
■症状:肺・肝転移
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療をするべきかどうか   [管理番号:6832] 
病理検査で以下の事が判明しました
①センチネンタルリンパ節
再薄切標本に計3カ所の小転移巣を見る。
最大径900um?主治医は問題なしとのこと
②非浸潤がんがおよそ7cm

ステージpT1a、リンパ管侵襲Ly1、静脈侵襲V0
病理学的グレード:
Nuclear grading1,Histligicalgraging II
(nuclear atipia2,mitotic counts1,tubule forming3)
ER100%(weak),PgR10%(weak),HER2:score0,Ki67 labeling index:3%,hotspot3%(low),average3%(low),non-diffuse,desert

医師のコメント
C領域広範に進展し、正常乳腺を置換するDCISの増殖を認める。
DCISを背景に小索状、小胞巣状浸潤する癌を散見する。
計3カ所の病変を認める

以上の事が、病理組織診断報告書に書かれていました。

癌はおとなしい種類だそうで、5年間のホルモン治療(ノルバデックス)を勧められています。

ただ、主治医曰く、リンパ管侵襲Ly1だけが気になると。
私の癌の種類でこの数値が出ることがあまりないため、抗がん剤をするべきがどうかデータがほとんどなく、強くは勧めないと言われました。
やるとすればTC療法です。

そこでお伺いしたいのが、この診断で抗がん剤をした方が良いのかどうか、です。

子供3人、仕事もあり、やはり脱毛が気になっています。

かと言って、何年後かに再発した時に、抗がん剤をしておけば…と後悔するのも嫌なので、やっておいた方がいいのかなとも思ったり…。

主治医は抗がん剤をしても再発率1%→0.5%になるぐらいじゃないかなということですが、いかがでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:全摘出済みのため症状なし
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。