乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

手術か術前化学療法かで悩んでいます   [管理番号:6585] 
6月上旬に乳腺専門の病院を受診、エコー・マンモグラフィ・組織診を行い乳がんの診断を受けました。
CT、MRIの結果、浸潤性乳管癌。
ER(-)PgR(-)Her2が3+陽性。
腫瘍径7cm、リンパ節転移あり、遠隔転移はなしでした。

主治医から提案された治療は術前化学療法(エンドキサン+ファルモルビシンを2週に1回を4回、その後ドセタキセル+ハーセプチン3週に1回を4回)を行いその後手術。
残りのハーセプチンは手術後に行う。
また手術後に放射線治療を追加する場合もある。
画像診断は最初の抗がん剤後(2か月後)と次の抗がん剤後(その4か月後)との事でした。

田澤先生の乳がんプラザを参考にし、腫瘍を残している事が心配な事、また進行が速い気がする事(胸の痛みが継続し、初診から1ヶ月の間に皮膚の赤みが1cmぐらいから5cm程度に広がったこと、しこりが大きくなっている感じがする)、抗がん剤投与中に腫瘍が大きくなってしまう事が心配だと伝えると、しこりが増大している等何かある場合は途中で画像評価をいれ治療を再度検討する。
またどの抗がん剤が効くか見極める為に術前化学療法を行うと言われました。
そして微小な画像上みえない癌が血液等で全身をまわっているため化学療法は行った方が良いと言われました。

上記の事に加え手術先行だと手術は1カ月後、
抗がん剤治療は手術後1カ月後(今から2ヶ月後)と言われ、治療が遅れていく不安から来週術前化学療法を行う治療を受けることにしました。
手術は全摘をする予定です。

しかし田澤先生の乳がんプラザを読むとこのままで良いのか悩んでいます。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

骨転移の自覚   [管理番号:6584] 
2018年1月にusで右乳房9時方向最大21mm大の腫瘍er2,pgp3,her2scor3
+,ki67ー25~30,ct2n1m0の診断
3月(上旬)日術前化学療法ハーセプチン+ドセタキセル#1施工本人の強い希望により
4月(中旬)日右乳房切除術+センチネルリンパ節生検迅速ありを施工
所見、腫瘍怪1.7×0.5×0.5組織分類invasivedubtalcarcinoma波及度g+f+s-
ly-v- 核グレード2スコア3点分裂スコア1点4個/10er0+
0pgp0+0HER2scorer2+所見小細胞素状にぞうしょくすれ16.17.21しゅようの間質は線維化とリンパ節浸潤が目立ちます。

4月(中旬)日に右をかばい左の足に体重をのせたときに足の付け根の一部がきくとなりました。
そこが7月現在その時の一部がだんだん重たい痛さに変わり歩けば歩くほど痛い左のお尻から大腿骨までも坐骨神経痛のような痺れになって来ました。
5月に不思議に思い主治医に言ったら、ペットを撮り異常なし、脊柱管のmriをとったらすべり症でした。
先月はすべり症の影響ていたいのかなとおもいましたが、温めるとさら
に脚が動かなくなり、すべり症で温めたほうがいいとなっているとおもいました。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

ゾラデックス   [管理番号:6583] 
5月上旬に全適手術を受けました。
ルミナルAタイプだったのでタモキシフェンを服用すればよいと田澤先生がおっしゃっていたので、そのつもりで本日受診しました。

ところが追加でゾラデックスの注射もしましょう、と言われました。

閉経前で生理は変わらず月に一度あります。
エストロゲンの分泌を少なくする為にやるそうです。
田澤先生のお話の中でゾラデックスという言葉があまりなかったように思います。
注射に時間がかかるので、本日予定があった為次回にしました。

リンパ節に転移が2つありレベル2まで郭清しました。
リンパ節外浸潤7ミリと6ミリ
だったので、念のためにゾラデックスもやりましょう、とのことでした。
でも絶対では
ないから次回までに決めてきてね、と言われました。

誰に相談していいのかわからず、困っています。
まとまりのない文章で申し訳ありませんが、田澤先生の見解を教えて下さい。

ERは90%以上、PgR50~60%でした。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療について   [管理番号:6582] 
2018年6月(中旬)日、右乳房切除術
マージンをとって切除できたとの報告を受けました。
(MRIで、しこりに奥行があり胸骨まで至っているかもしれない、と言われていました)

現在、ここまでで、病理検査の結果をみないと何ともわからないと思いますが
検査結果を聞いて、術後の治療方針を示されたときに
何をどのように考えるべきか、整理しておきたいと思った次第です。

また、再発か新規発生かは、治療にはあまり関係ない、と説明を受けていますが
それについても、納得できない思いがあります。

地方都市の病院で、乳腺外科にお願いしていますが、
標準治療を薦められる気がします。

その場合、放射線、ホルモン療法、抗がん剤というセットになるのかと思いますが
それぞれ治療の目的が違うということは、他の投稿で勉強させていただきました。

それらを提示された場合に、断るもしくは選択するということを
患者としてしたいと考えていますが、
考えるための方向性と指針が知りたくてご相談しました。

本来なら、病理検査結果を提示してお伺いするべきかと思いましたが
落ち着かなくて、先に伺ってしまいました。

全ての治療を受け入れた方がリスクは減るのかもしれない、と不安ではありますが
抗がん剤治療などの書籍を読むと、再発してからの治療でも生存率は変わらないと書いてあるものもあり、再発するかどうかもわからない段階で、身体に負担のある治療をすることの是非がわからなくなってしまいました。

一般論で結構ですので、検査値が〇〇だったら、絶対にしなくてはいけない治療、というのがあれば教えてください。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。