Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/4/5 神様から”もっと一生懸命生きなさい”と言われているような気が自分ではしています

みなさん、こんにちは。

ここ東京は外出自粛が続いていますが、病院は普通にやってます。

安心して受診してください。

 

○月に手術して頂き4か月以上が経過しました。

病気について疑問や不安なことが浮かぶとQ&Aに支えられながら、毎日を過ごしてきました。

私自身は、特に行動力があるという訳でもなく(笑)乳がんと診断されたときには、まさか本当に先生に手術して頂くために東京まで行くとは思っても居ませんでした。しかし今振り返ってみても、今後の自分をよりよく生きていくためにはどうするべきかを考えた結果 田○先生に診て頂こうと思った自分の判断は正しかったと信じています。

告知当初から比べると病気の事を考える時間も少しずつですが、少なくなってきています。

まだまだ些細なことで不安になるときもありますが、先生とQ&Aを頼りに乗り越えていくと森です。

”病気は生き方を変えるチャンス”という言葉を知りました。私自身も、今後の自分の効き方に色々な悩みもあった中での乳癌でした。

病気をきっかけに色々な事を考えました。

今回、乳癌になったことは、神様から”もっと一生懸命生きなさい”と言われているような気が自分ではしています。(笑)注 1 )

ご自分の仕事に自信と誇りを持ち、常にupdateしながら、究極の自分(!)を目指しておられる先生 注 2 )のように、私もなりたいと思います。

治療して頂いただけでなく、このような気持ちにさせて頂い事、お礼を申し上げたくてお手紙を書かせていただきました。

先生も私も、まだまだ長い人生ですので、時々は休みながら少しずつ目指す自分に近づけるよう、生きていきたいですね。

神様から”もっと一生懸命生きなさい”と言われているような気が自分ではしています。(笑)注 1 )

⇒人生に与えられた「最大の試練のひとつ」

そういうことだと、理解しています。考え抜いた結論はもとより「考え抜く事」それ自体に価値があるのだと思います。

ご自分の仕事に自信と誇りを持ち、常にupdateしながら、究極の自分(!)を目指しておられる先生 注 2 )

⇒この手紙そのものが、私のモチベーションとなります。

仕事はもとより、今年に入ってからランニングの距離を増やしました。

自分に限界を嵌めてはいけない。その思いを新たにしています。

 

 

 

Scroll Up