Site Overlay

乳癌手術のブログ 2020/3/20 本当に近くに居るみたい

こんにちは。今日は祝日

radikoのtime freeで火曜日のスカロケ聞きながらの早朝ランニング。

今週は「マンボウ」が休み。

藤本本部長代理『俺なんか、溶岩が固まったような顔、言われてます。』

浜崎秘書『そんなことないですよー。いい顔してますよー。 本当に近くに居るみたい

秘書の「顔がでかい」いじり、面白かったなー。みんなもradikoのtime freeで是非聞いてみてね。

DJ 田丸でした。

 

 

年齢 60-69歳

入院期間 4日間

痛み 3

手術から1か月が過ぎようとしています。その節は大変お世話になりました。田〇先生のおかげで日々元気に過ごしています。感謝です。手術当日は吐き気が数回あったものの翌朝の回診の時はすっかり落ち着きました 注 1 )

先生自ら胸の傷にテープをペタペタといっぱい貼っていただいた 注 2 )のを思い出されます。エコー、術後の腕のリハビリなど全て先生自らやって頂くのがとても安心です。ありがとうございます。

来月から術後治療が始まります。「田〇先生に手術をやってもらったから大丈夫!!」と自分に言い聞かせて頑張ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

手術当日は吐き気が数回あったものの翌朝の回診の時はすっかり落ち着きました 注 1 )

⇒だいたい、このような経過をたどります。

それを多くみて(経過を予測できるので)、『明日の朝には、良くなりますよ』と(予言者の如く)患者さんにお話ししています。

先生自ら胸の傷にテープをペタペタといっぱい貼っていただいた 注 2 )

⇒翌朝の処置でテープを貼っています。処置はこれで終了です。埋没縫合(溶ける糸:吸収糸)なので、その後に消毒や貼り換えなど一切不要となります。

 

 

年齢 50-59歳

入院期間 3日間

痛み 4

左乳房全摘出リンパ節もレベルⅡまで郭清なのに2泊3日ドレーン無し!そんなことありえるの?と思いつつ入院。ありえました 注 3 )

退院も1人で荷物をもって静岡まで電車や新幹線で帰れました。とにかくすごい先生です。感謝です。

今後の化学療法も通いは大変 注 4 )ですが信用できる先生にみてもらいたいので頑張ります。

 

左乳房全摘出リンパ節もレベルⅡまで郭清なのに2泊3日ドレーン無し!そんなことありえるの?と思いつつ入院。ありえました 注 3 )

⇒丁寧な手技が全てです。今となっては(私にとって)当たり前となりましたが、(全摘でドレーン無とした)当初はドキドキでした。

今後の化学療法も通いは大変 注 4 )

⇒頑張りましたね。

抗がん剤の種類によりますが、

TC(docetaxel + cyclophosphamide)だと、「投与翌々日~」副作用がでるので帰宅途中など全く問題ありません。

EC(epirubicin + cyclophosphamide)の場合には「その日の夕方~」吐気が出るので遠方の方だと(帰宅途中で)副作用が出始めることがあるようです。

★ただ、(かつては吐気で恐れられていた)anthracyclin(Epirubicin, Adriamycin)も、イメンドの登場で、それほどではなくなりました。

Scroll Up