乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



今、昨日の術後処置5名を終えて思う事。 まさにreal timeです。

「創部が綺麗であることの喜び」

処置をしていて、一番ホッとするのがこれです。

「当たり前」のことだけど、「それを継続すること」の大切さ。

 

〇大事なのはfeedback

「自分で手術」して「自分で処置」する。

これが「強力なfeedback」となります。

『あの時(手術時)にああすれば(あそこを、もう一針追加で縫合すれば… など)、この傷がもう少し綺麗になったかなぁ。』

それが、術者を育てるのです。

 

〇合併症のない手術

それをやり続けるには「たゆまない努力」が必要です。

そのためには、「自分で術後処置を行う事」 それが(手術の)細かい問題点の洗い出しに繋がるのです。

当たり前のようでいて、人は偉くなると「下の人間に任せる」ことにより(自然と)それを怠るようになります。(大学病院の教授の手術など、そのいい例でしょう)

私の場合には1人でやっているから必然的に私一人で全てを行っています。

私も人間(当たり前)、時に面倒に感じることもありますが、「これを止めたら、外科医としての進歩も終わる」そう思います。

 

 

50-59歳

入院期間 3日間

痛み 0

『想像以上にシンプルに手術も入院も終わり驚きました。

看護師の方々もみなさん親切で快適な入院生活3日間でした。なによりアートに溢れた院内に感激です。』

 

 

『simple is best  簡単に終わって、あっけない。

(我々医療人の存在感が希薄となるくらい)大したことなかった。最高の賛辞です。』