乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

右胸乳頭からの分泌物(赤茶~赤黒)

海外居住で現地の医療が信用出来ないため、少し助言をいただけますと大変助かります。

現在右胸からの分泌物に悩まされています。

色は赤黒~赤褐色で、血のように見えます。

下着や服の裏に付着していたことから気付きました。

出ている部分は一箇所のみで、つまんでも出てくる状態です。

しこりは今のところ確認できません。

脇の下あたりに違和感と痺れがある気がします(が気にしすぎかもしれません)

先日出血を確認してから一ヶ月が経ちました。

日が経つにつれて出血量が増えています。
特にここ数日前から決して少量とは
言えない量が服の裏に毎日付着するようになり、とても不安に思っています。

現地の病院で診てもらったものの、エコーのみの検査で異常は見られなかったからと言われ帰されてしまいました。

マンモグラフィも撮ってほしいと頼みましたが「エコーで見れば十分です」と断られ、
不信感でいっぱいです。
■症状:乳頭分泌(血性)
<女性:26歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

生検しないで部分切除することが不安です。

マンモ、超音波をし左胸に7ミリの腫瘍が見つかりました。
生検しておとなしいタイプの浸潤癌と言われました。
その後MR、
CTをしました。
マンモにはうつってないが、超音波では左の腫瘍近くに小葉癌かもしれない所見がみられるとのこと、また右胸にも腫瘍が見られたので右胸腫瘍を生検して良性でした。
その後左胸の腫瘍の凍結治療をすすめられたが、結局は位置が悪く凍結はできなくなり手術にて左胸の腫瘍を切除することになりました。

どうせ切るのなら、ついでに小葉癌かもしれないとこもとりましょうといわれたのですが、生検してない(小葉癌かもしれないという未確定な)部分をとってしまうことが不安なのです。
手術を延期しても小葉癌かもしれない部分の生検をしたほうがいいでしょうか?もともとの腫瘍が、小さく見つかったから一度に疑わしいものはとったほうがいいというのが先生のお考えのようなのですが、いかがなものでしょうか?
■病名:浸潤癌
<女性:44歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

高齢者の乳がん治療について

このまましこりが大きくなり「花が咲く」という状態になった場合どれだけQOLを落とすかが気になり始めており、
今年の私の回復ぶりを目の当たりにし、手術を視野に考え始めているようです。

家族一同、手術をするなら田澤先生にお願いしたいと思っております。

【質問】
1.このまま放置すると(特に今後5~6年の間の)QOLにどのような支障が出てくる可能性がありますか?

2.手術前の病院への訪問数は2回という認識ですが合っていますでしょうか?

3.本人の友達に(何の手術かは不明ですが)麻酔から覚めずにそのまま亡くなった方がいて心配なようです。
  そのようなことが起こる可能性はどれくらいありますでしょうか?(高齢者の場合確率は上がるものでしょうか?)

4.手術不可能な状況というのはどのような状態を指しますでしょうか?(しこりが皮膚を破ったら不可能になる?)

■病名:乳がん
■症状:鶏卵ほどのしこり
<女性:82歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

お相談です

病院でエコーと必要なら生検もと言われました。
その時の結果は上皮内腫瘍の診断でしたが エコーの所見や先生の感覚ではもう少し 進んでるように思うので、と言うことで2度目の生検で浸潤がンの診断でした。
右脇に炎症症状もあり鎖骨のリンパにも陰があり、それが転移ならステージ3、ただ私は50才のときに右肺化膿症で右下葉切除の既往がありその影響もあるかもしれません と言う話でした。
<女性:54歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

経過観察か?摘出か?

★この小さなしこりが何であるかもわからないうちに、
マージンを取って摘出するというのは飛躍しすぎでしょうか?

★もし検査の結果、悪いものだったとしたら、
元々しこりがあった場所の特定ができないために
追加切除はできないと思うのですが、
そうなった場合、どのような治療方法になるのでしょうか?

★切除は細胞診の結果を待ってからの方がよいでしょうか?
はたまた、針生検ができるようになるまで、
育つかもしれないのを待ってからの方がよいのでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:40歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

手術後の治療方針についてなど

現在、HER2の結果待ちですが、主治医からは入院中に「病理の結果が少し出て来ているけど、抗がん剤投与をおこなうことになると思う」と言われました。

そこで、現在わかっている病理結果に加えてHER2陰性の場合と陽性の場合で、術後の治療について(何をどのくらいの期間投与するか等)、先生のご方針をそれぞれご教示いただけないでしょうか?
いずれにしても抗がん剤は避けられないでしょうか?

(研修など人前で話をする仕事をしており、副作用がどの程度出るかわかりませんが、体調管理の面などで、できることなら抗がん剤を使いたくないという気持ちがあります)
<女性:54歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

集簇石灰化 経過観察

二年前に集まってる石灰化で市からの大病院の検診で引っかかりました。

エコーには映らないから、経過観察となりました。
その後数年前から検診に行ってる個人病院に戻り、毎年マンモ、エコーと検診してました。
今年のマンモでこの集簇してる石灰化を細胞診しようとエコーを見ながら検査されました。

結果は検体が取れないとの事で、マンモトームのある病院に行くように指示されました。
私が石灰化の変化あったのか?と聞くと、変化無しと。
エコーで見えたのは?と聞くと、石灰化と先生に言われました。
石灰化はカテゴリー3 だそうです。

で紹介先の病院に石灰化の変化無いのにマンモトーム検査する必要あるのか?と疑問に思い聞くと、では昔のデーターを貰ってきて、といわれたので、見てもらうとやはり少し変化あります。
マンモトーム検査しましょうとの事。

で、そこでのエコーでは何も見えない、このエコーは最新式なんだけどなって。
でもう一度マンモグラフィーしたら、技師さんが石灰化が映らないと計10回程もされました。
一昨日何となく納得がいかないままマンモグラフィーでマンモトーム検査をしました。
■病名:非浸潤癌
<女性:52歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

若年性乳がん

癌のサイズは1.5cmか1.8cmだったと思います。
エコーではリンパに転移していないと言われました。
この場合は早期なのでしょうか。
しこりを取った後に細胞を調べて、その細胞が悪い癌である可能性もあるのでしょうか。
生検をせず、先にしこりを取るという判断も一般的にはあるのでしょうか。
(確か針でさして細胞が飛んで放射線をあてるようになるから、それよりかは取っちゃおうとなったと思います。
もしくは外科生検とういうことなのでしょうか。)←あやふやですみません。

それとしこりを見つけた際に、胸の右側に黒いあざができていて、それは癌と関係があるのでしょうか。
(今は消えました)
また、半年前から右背中、特に肩甲骨の辺りが1日に何回もビリビリと強めにしびれるのですが、これはどこかに転移している可能性などあるのでしょうか。
しこりの部分が日に日にズキズキ傷むのですが、これは進行しているということなのでしょうか。
<女性:34歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

オラパリブ治験(BRCA1/2変異陽性)について

術前化学療法、手術、術後化学療法とたいへんお世話になりました。

現在、放射線治療が中盤に入ったところです。
毎日、洞窟(鍾乳洞?)を通り抜け、順調に通院しております。
Q&Aで様々な質問(他院の様子)を拝読しておりますと、私がトラブルなく治療を終えることができたのは、確定診断直後から田澤先生に担当していただけたからなのだと、感謝の気持ちでいっぱいです。
(確定診断が出た翌日に、水曜予約外外来に紹介状を握りしめて伺いましたが、秘書室メールを経由しなかったことを少々後悔しました・笑)

質問ですが、
オラパリブ治験(BRCA1/2変異陽性)について、私はエントリー対象者になりますでしょうか。

術後補助療法のOlympiAです。
■病名:乳がん
<女性:44歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。

  

乳ガン疑い 精密検査

2年前に今回検査をしていただいている病院でマンモ、エコーの際はとくに何もないと言われています。
昨年2月には、会社の健康診断でマンモをし異常なしの結果でした。
こちらは、違う病院でした。
1年3ヶ月で1センチ。
ガンだった場合、
進行は早いのでしょうか。
私は、ガンの可能性が高いですか?
とても不安で食事もまともにとれず、夜もなかなか眠れません。
<女性:41歳>

⇒ 内容はこちらをクリックしてください。