Site Overlay

術痕近くに瘤?

術痕近くに(親指第一関節大の)瘤のようなものが気になり、
次回診察日(10月16日)まで待っていてよいものかどうか、
YES/NO ご回答戴けましたら幸いです。

術後直後からこの辺りに(硬い部分が)あったようにも思うのですが、
これほどハッキリとした瘤ではなかったようにも思うのです。
■病名:非浸潤性乳管がん(術後)
<女性51歳> … …【詳しく読む】術痕近くに瘤?

胸膜播種について

今回先生に伺いたいことは、
①胸膜への転移である事が確定した場合、まずは抗がん剤治療を行い、
胸膜の方が良くなれば、乳癌の手術を行って頂く事は可能でしょうか?
また、胸膜への転移であればステージ4となってしまうと思いますが、
根治を目指す事は可能でしょうか?

②胸水を調べて確定するまでは、胸膜への転移では無い可能性も、まだ少しは残っているのでしょうか?
母はMRIの検査後、胸の苦しさが数日続いた経緯があります。
何らかの副作用等で胸膜炎を起こしている可能性や、服用中の糖尿やコレステロールの薬の副作用の可能性などは全くないでしょうか?
PET 検査も炎症がある部位には集積する事もあるかと思いますので、まだ希望を捨てきれません。
■病名:乳癌
<女性:68歳> … …【詳しく読む】胸膜播種について

新たな微細石灰化

質問1、
 日本の乳がん診察ガイドラインを確認すると、BI?RADS 3の場合、短期間の経過観察推奨とあり、シンガポール担当医も同意見でした。

一方で、田澤先生の過去のコメント等確認すると、新たな微細石灰化は注意が必要と推測でき、この段階で、ST-MMTを強く要望すべきか、3ヶ月後の検診時に再考でも問題ないか、ご意見伺えますか?
(現時点での生検は保険適用外になる可能性があり、また、来月タイに転勤の予定もあり、少し躊躇しています)
できればST-MMTも田澤先生にお願いしたいのですが、、入国制限の状況が今のままであれば、伺えるのは来年6月になりそうです。

質問2、
 もしST-MMTをしてpositive だった場合、また田澤先生に手術をお願いすることは可能ですか?石灰化のあった場所がわからなくなるからST-MMTをしたクリニックで手術をするべきなどありますか?

質問3、
 今年に入ってすでに3回ほど、先生の定期検診を受けれていない中、来月タイへの転勤予定で現地の担当医が変わってしまうことも非常に不安です。

 何か現時点でのマンモや超音波の資料などを郵送して、コメントいただく等、確認いただくことは可能ですか?
 直接触診エコーできなければ無意味ということであれば、もちろん結構です。
<女性:37歳> … …【詳しく読む】新たな微細石灰化

境界型葉状腫瘍

葉状腫瘍については、最初の手術が大切とのことで、先生にオペして希望なのですが、(東海)県からに伺うようになりますのでいくつか質問がらごさいます。
1。
入院期間はどのくらいか。
2。
退院後の通院が必要か。
3。
オペは最短で、いつくらいにやってもらえるのか?
4.病理検査の結果悪性の可能性があるのか。
■病名:葉状腫瘍
<女性:41歳> … …【詳しく読む】境界型葉状腫瘍

術後5年の傷跡の変化

手術した場所(癌組織を切り取って縫い合わせた?であろう部分)には、術後からしこりのような塊があったのですが、2021年5月(約1か月前)頃からその部分の皮膚表面にしこりがポコッとうきあがり、皮膚の色が赤くなってきて、手術を受けた病院(主治医)を受診しました。

エコーを受け、皮膚の瘢痕の下に何か水のようなもの?
が溜まっている(意味が良く分かりませんでしたが)とのことで、その部分に細い針をさして細胞吸引して調べるとのことで、吸引細胞診をして頂いた結果、悪性の細胞は出なかった、とのことでした。

局所再発の心配をしていましたが、その細胞診がマイナスである、ということでで安心していいのでしょうか?
と言いますのは、外見的に今まで全く普通の皮膚だった部分に直径2センチくらいのポコッとした赤いしこりが徐々に出てきており、手術の後にこんなことは普通のことなのか、見るたびに不安になります。

主治医の見解は経過観察、3か月後に1年ごとにやっている検査(CT 骨シンチ、マンモ、エコー)をやる予定です。

皮膚に再発?してきているとすれば、普通は主治医は見ればわかるものでしょうか?
■病名:浸潤ガン(硬癌) 浸潤径1センチ ER(強)PgR(強)Her2(-)ki67 5~10 T1b N0 M0
■症状:術後5年の皮膚のしこり、発赤
<女性67歳> … …【詳しく読む】術後5年の傷跡の変化

強皮症での化学療法について

質問
①化学療法を検討する際、全身性強皮症であることも考慮すべきでしょうか?
また今回の場合、化学療法の有益性はどのくらいあるのか、田澤先生の見解をお聞かせください。

②タキソールの副作用の一例に、強皮症様皮膚硬化とあります。
抗がん剤投与により、強皮症への影響は考えられるでしょうか?
(化学療法を選択する場合、主治医はEC→タキソールの方を勧めています)
■病名:浸潤性小葉癌
<女性48歳> … …【詳しく読む】強皮症での化学療法について

これからの不安など

胸を押すと痛い症状あり。

マンモグラフィーではうつらず、エコーにて7ミリのしこり発見。
触診ではしこりは分からず。

組織診にて悪性との診断。

乳管がん。

浸潤性。

質問させて頂きます。

①術前検査にて、CTと骨シンチをするとこのと。
必要でしょうか。
放射線が怖ければ、
骨シンチはやめて、造影剤を入れての全身MRIでも対応できるとの事ですが、同等と考えて良いのでしょうか。

②私のような大きさ、状況の場合、きちんと治療をすれば再発や転移を心配しながら生活しなくても大丈夫でしょうか。

私にはまだ小学生の子どもが2人います。
あと20年は生きたいです!!いえ、あと40年は生きたいです!!叶いますでしょうか。
■病名:乳癌
■症状:胸を押すと痛い
<女性43歳> … …【詳しく読む】これからの不安など

ハーセプチン+抗がん剤の適用について

私の希望としては、左胸は全摘で良い、これ以上大きくなる前に一日も早く手術をしてほしい。
ホルモン療法が有効であれば使う。
抗がん剤はできるだけ使いたくないが、術後の詳しい病理検査が出た後で、どうしても使わないといけないとなれば我慢して使おうという気持ちです。
HER2陽性+3のがんで、ハーセプチンを使わずに術後ホルモン療法だけというのは難しいのでしょうか。
グレードやステージがはっきりしないのですが…
<女性:46歳> … …【詳しく読む】ハーセプチン+抗がん剤の適用について

肉芽腫性乳腺炎について

2018年に、胸が急激に赤味を帯び、痛み、しこりがでたため検診でお世話になっている乳腺外科で診察をし、
最終的に肉芽腫性乳腺炎と診断をうけました。

その後は経過観察をし、しこりはあるものの、生理前にしこりが張ったり、時には赤み、痛みを帯びたりといった症状が、あります。

ただ、膿が?でるほど、悪化はなく、
痛みも、軽減されていくので、薬物治療とかは、していません。

しかし
生理前になると、時折、症状が、悪化し、気分も落ち込みます。

ステロイド治療をしたほうがよいでしょうか?
それとも、多少なり、我慢して生活したはうがよいのでしょうか?
<女性48歳> … …【詳しく読む】肉芽腫性乳腺炎について

2年半前から乳腺症と言われていましたが・・

3月(中旬)日
造影MRI(生検をするために必要だと言っていました)

3月(中旬)日
生検(エコーを見ながらバチーンと音のするものでした)
主治医1人と看護師4人がかりで、取れたよね?いいかな?大丈夫かな?と言いながら・・
とてもぎこちない感じでさらに不安に。

4回ほどバチーンとしていました。

結果は4/(上旬)頃に出ます。

7センチもあるのに悪性を疑わない事ってあるのでしょうか?
まだ決まっていませんが、これは見落とされてたの??と思ってしまいます。

もっと早くここを知っていれば・・となんとも言えない気持ちになりました。

このようなわけで、今の病院には不安しかなく
主治医との信頼関係が築けるとは思えず
転院したいと思っています。

悪性だった場合、2年半放置していたことになってしまいます。

とにかく早く診ていただきたいので
どの手順を取ったら良いのか教えて下さい。
■病名:乳がんの疑い
■症状:右乳房が硬い・痛み
<女性:49歳> … …【詳しく読む】2年半前から乳腺症と言われていましたが・・

Scroll Up