Site Overlay

子宮卵巣全摘後のホルモン療法と石灰化について。

[管理番号:667]
性別:女性
年齢:43歳
はじめまして。
質問させていただきたくメッセージさせて頂きました。
42歳の時に子宮卵巣全摘術を受け手術後からエストロゲンの補充療法を受けてます。
手術後ホルモン療法を開始後にマンモグラフィをした所 1年半前には全く無かった石灰化が左に1個右に2個ありました。
エコーもしましたがエコーでは石灰化も見えず 今急いで生検する事もないでしょうって事で半年後の再度マンモグラフィになりました。
急に複数の石灰化が出来るのはホルモン療法の影響があるのでしょうか?
また 半年後のマンモグラフィまでホルモン療法は変わりなく継続してもいいのでしょうか?
ホルモン療法をしないと卵巣欠落症状が激しく日常生活が送れない状態で ホルモン療法を中止する事は考えたくないし でも悪性だったら?と不安は尽きない生活をしてます。
現在 ホルモン療法での補充量は吸収率が悪いのか?基準量より多くしようしてます。
それでも まだ ホットフラッシュや吐き気等の卵巣欠落症状はありますが一時期に比べてホットフラッシュも回数も減り精神的な波は落ち着き楽な生活をしてます。
ホルモン療法の量は石灰化に影響しますでしょうか?
半年後のマンモグラフィを待たずに生検を積極的にするべきか?
このまま基準量以上のホルモン補充をしていても経過観察で大丈夫なのか?
お教え頂ければ幸いです。
追伸
胸の症状はホルモン補充の影響か?
張りと若干の痛み乳白色~血漿の様な黄色っぽい浸出物が時おりあり乳頭に痒みがあります。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 子宮卵巣切除後にホルモン補充療法中なのですね。
 「1年半前には全く無かった石灰化が左に1個右に2個」ですね。
 気になる気持ちは大変わかります。

回答

「急に複数の石灰化が出来るのはホルモン療法の影響があるのでしょうか?」
⇒原因を特定する事は簡単ではありませんが…
 可能性はあります。
 状況からして「石灰化が新たに起こった原因」としては以下の2つを考えます。
 ①乳腺症に伴う石灰化(女性ホルモンの刺激によるもの)
  正常乳腺組織の(乳管周囲に)線維化が起こり、(結果として)乳管が閉塞し、その中で分泌液が貯留し、カルシウムが析出する(分泌型石灰化)
 ②癌による石灰化
  癌細胞が乳管内を増殖する中で、癌細胞が壊死をして石灰化が起こる(壊死型石灰化)
 ◎左右同時に、癌がたまたま同時に発生することは稀なので、左右どちらか(おそらくは両方)が①だとは思います。
  ただ②の可能性を除外はできません。
 
「また 半年後のマンモグラフィまでホルモン療法は変わりなく継続してもいいのでしょうか?」
⇒(乳がんとの診断が無い以上)変わりなく継続してもOKです。
 
「ホルモン療法の量は石灰化に影響しますでしょうか?」
⇒石灰化の原因が①だと仮定すると、影響する可能性はあります(量を2倍にすれば石灰化が2倍になるような関係ではありませんが…)
 
「半年後のマンモグラフィを待たずに生検を積極的にするべきか?」
⇒(私であれば…)行うべきだと思います。
 不安を抱えたまま「半年間」経過をみるよりも、左右どちらかだけでも(この場合は右かな)ステレオガイド下マンモトーム生検を提案します(左右同時でも全く構いませんが)
 ◎私は「癌を強く疑うから検査をする」だけではなく、「良性を良性と診断して不安を払しょくする」ことも重要だと思っているからです。
 
「このまま基準量以上のホルモン補充をしていても経過観察で大丈夫なのか?」
⇒例え(結果として)②だったとしても、半年間「基準量以上のホルモン補充をしても」大丈夫です。
 それ程神経質になる必要はありません。
 (仮に②だったとしても)ホルモン補充療法により「急速に進行する」ように考える必要はありません。
 
□私の意見
 (癌の可能性は低いとは思いますが)不安を解消するために「積極的に検査」する事をお勧めします。
 ただ、「癌が疑わしくなければ、ステレオガイド下マンモトーム生検はしない」と断る医療機関も多いのが現実ですが…
 
 

 

質問者様から 【質問2】

お忙しい中 ご回答いただき本当にありがとうございます。
先生からいただいた回答を読み返し不安は大分払拭されました。
今は焦らずゆっくり卵巣欠落症状を改善させる事と日常生活に慣れる事に努めます。
仕事に復帰する前に全ての不安を払拭したいと思います。
その為 次回の検査の時には先生の所でお願いしたいと思います。
近日中に伺います。
その折りは宜しくお願いいたします。
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 「不安が解消」されて良かったです。
「その為 次回の検査の時には先生の所でお願いしたいと思います。」
⇒是非、受診してください。
 ステレオガイド下マンモトームを行えば「不安から完全に解放」されます。
 良性を良性と診断する事も重要なことだと私は思っています。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

先生からのご回答を頂き安心して 暫くこちらのページを覗く事もなく日々の生活に追われていました。
そろそろ予約しなきゃなぁ~と思い久しぶりにこのページに来てビックリしました。
現在は裏方と言えど私も医療従事者デス。
先生方がお忙しい中 時間をつくり色々試行錯誤しているのを現場で医療従事者としても患者としても接して見てきて感じてきてます。
本当に頭が下がる思いでいっぱいデス。
たまに そうでない先生方が居るのも現実ですが、この様な場を開き接して下さる先生には頭が下がる思いでいっぱいデス<(_ _*)>
今年の夏は特に暑い日々が続いたりで先生のお身体が心配です。
沢山の患者が先生を頼りにしていらっしゃいます。
くれぐれも お身体御自愛くださいませ。
さて 本題の私の検査についてお伺いしたいのですが。。。
悪性を否定するためにマンモトームをする事を内科の主治医にも婦人科の主治医にも薦められました。
そんな過程もありそろそろ次回再度マンモグラフィをと言われた半年になるので 今度は先生の所へ予約をして先生の外来に伺いマンモグラフィをしていただきたいと思ってます。
その場合 普通に予約しても先生に観て頂けるのでしょうか?
伺った日にマンモグラフィで石灰化が見つかった場合はその日にステレオガイド下でのマンモトームを行う事は可能なんでしょうか?
可能な場合は誰か付き添いなど居た方が良いのでしょうか?
また 受診&検査に自分で車の運転で行っても大丈夫なのでしょうか?
喘息等のアレルギーの持病があり 多少心配になっております。
お忙しい中 大変申し訳ありませんが 解答いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします<(_ _*)>
 

田澤先生から 【回答3】

 こんにちは。田澤です。
 「マンモトームをする事を内科の主治医にも婦人科の主治医にも薦められました」
いいことだと思います。
 HRTを安心して行う為にも、「積極的に検査」して確認することを私も勧めます。

回答

「その場合 普通に予約しても先生に観て頂けるのでしょうか?」
⇒大丈夫です。
 以前は「医○歯○大学からの非常勤医も外来に出ていた」のですが、今では手術の助手だけをしてもらい、外来は私だけがでています。
 
「伺った日にマンモグラフィで石灰化が見つかった場合はその日にステレオガイド下でのマンモトームを行う事は可能なんでしょうか?」
⇒このやり方もできます。
 「ステレオガイド下マンモトーム生検ST-MMT」は毎週(火曜日)の午後2時からの3枠があります。
 予め、「ST-MMTの予約」と「その日の午前中の外来予約」の2つを取るやり方です。
 
「可能な場合は誰か付き添いなど居た方が良いのでしょうか?」
⇒大丈夫です。
 「日常的な検査」だと思ってください。
 
「受診&検査に自分で車の運転で行っても大丈夫なのでしょうか?」
⇒これも大丈夫です。
 検査後、圧迫テープで固定しますが、特に制限はありません。
 
「喘息等のアレルギーの持病があり 多少心配になっております。」
⇒局所麻酔(キシロカイン)に対するアレルギーでもなければ、心配ありません。
 
 

 

質問者様から 【質問4】

本日は急な来院希望にも関わらず診てくださり 親切 丁寧に詳しく説明して下さりあ
りがとうございました。
私の今の不安を理解して下さり また その不安を払拭するように一つ一つ優しくゆっ
くり丁寧に説明して頂きありがとうございました。
予約した検査に予約後に及び腰になっていた私ですが、田澤先生の丁寧な説明 検査
後の万一の時の手段についてまでシッカリ説明して頂き不安が無くなりました。
ここまで 先の事を見据えて説明して頂き これならもっと早く受診してマンモトームをやれ
ば良かったなって思ってます。
先生のゆっくりした優しい口調に緊張も解れました。
恥ずかしい話 検査や検査の結果で変な結果が出るのが怖いのでなく その結果次第で
今の薬が使え無くなる事が怖くて検査を先伸ばしにしてました。
早期なら全く使え無くなる訳では無いことを伺いヤッパリ早期診断が必要不可欠なんだ
な?って思え 積極的に1日も早く検査を受けたい!そんな気持ちになって帰宅する事
が出来ました。
私がこの半年抱えてた万一の時に薬が使え無くなるって不安を一瞬で解消して下さっ
た先生に心から感謝しております。
笑顔で心穏やかに検査の日までそして検査の結果が出る日まで元気に過ごせます。
本当にありがとうございました。
 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。
質問者が理解されている通りです。
「早期発見」は全ての治療の自由度を増すのです。
決して、「先送り」にしていい事はありません。
但し、質問者が「癌の確率が高い」と思っている訳ではありません。
♯良性だとしても(スレレオガイド下マンモトーム生検をすることにより)「悩みが
解決する」だけの意味はあります。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up