Site Overlay

抗がん剤治療について

[管理番号:8526]
性別:女性
年齢:47歳
病名:浸潤性乳管癌(左) 腋窩リンパ節郭清
症状:
投稿日:2020年5月15日

乳房温存手術後の病理検査結果
腫瘍径2.8cm リンパ節転移2個
NG:2 HG:Ⅰ ER:陽性 PGR:陽性
HER2(FISH):陰性 MIB-1:12.8%

サブタイプはルミナールAかBの中スコアなので、MIB-1:12.8%を高値と見て、抗がん剤治療をした方が良いのではと言われ悩んでいます。

(oncotypeDXは高額なので希望しません)

抗がん剤治療を勧める理由としては、MIB-1:12.8%とリンパ節転移2個だからとのことです。

質問
①12.8%は高いのでしょうか?
②抗がん剤治療はした方が良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①12.8%は高いのでしょうか?」
⇒低値です。
 『今週のコラム 220回目 30までは(抗がん剤の対象となる可能性が)十分に低く、OncotypeDXの恩恵を受ける中核は「31-45」だと理解できます。』のグラフを見てみましょう。

「②抗がん剤治療はした方が良いのでしょうか?」
⇒私が抗がん剤を勧めることはありません。

「抗がん剤治療を勧める理由としては、MIB-1:12.8%とリンパ節転移2個だからとのことです。」
⇒①「MIB-1:12.8%」について
  ⇒これを高値として抗がん剤を勧めているのには、正直「度肝を抜かれ」ました。
   乳腺外科医の99.99%は「低値」としますよ。

 
 ②「リンパ節転移2個」について
  ⇒ 『今週のコラム 188回目 このデータを見ても、まだ「リンパ節転移があると(ルミナールAでも)化学療法が必要だと思いますか??」
     及び『今週のコラム 189回目 「リンパ節転移があれば抗がん剤をすべき」という古い考えが完全否定される日も近いのです。』をご覧ください。

 
 


 

質問者様から 【結果2 】

結果
性別:女性
年齢:47歳
病名:浸潤性乳管癌 腋窩リンパ節郭清
田澤先生の診察:[診察なし]
田澤先生の手術:[手術なし]

お忙しい中ありがとうございました。
主治医から結果を聞いた時、「FISH陰性だから抗がん剤しなくていい!」と思ったのに、「した方が安心」みたいな感じだったので、決断できずモヤッとしてました。結果待ちの間、もし陽性だったらと悩んでいる時に、乳がんプラザと出会いました。田澤先生に相談して本当に良かったです。これから放射線療法・ホルモン療法と長い付き合いなので、コラムなども参考にしながらがんばりたいと思います。

<Q&A結果>

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

放射線療法について
性別:女性
年齢:47歳
病名:浸潤性乳管癌 腋窩リンパ節郭清
症状:
投稿日:2020年5月16日

おはようございます。
昨日、先生に回答していただき放射線療法に決めたのですが、近くの病院での治療を希望するため、術後か
ら2ヶ月をすぎてしまうかもしれません。
今さらですが、開始の遅れに不安を抱いてるのですが、大丈夫なのでしょうか?

《これまでの流れ》
3/(下旬) 手術 
4/(中旬) 病理検査結果 
5/(中旬) FISH結果
5/(下旬) 受診予定

よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「放射線療法に決めたのですが、近くの病院での治療を希望するため、術後から2ヶ月をすぎてしまう」
⇒5か月以内であればいいのです。
 何ら慌てる必要はありません。
 ご安心を。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
57+
Scroll Up