乳がん|乳がんプラザ

[管理番号:6521]
性別:女性
年齢:30歳
現在生後3ヶ月半の乳児を完全母乳で育てています。
二ヶ月前から右乳房上部に小豆大の弾力のある可動性に富んだしこりを認めており、拡大したり縮小したりを繰り返していますが、消退には至っていません。
過去の質問を拝見するに、これは乳瘤である可能性が高いのでしょうか?
また、持病の治療の関係で近々カバサールを用いて断乳する予定なのですが、低月齢の乳汁分泌が盛んな時期に断乳した場合でも、乳瘤はいずれ自然に吸収されるのでしょうか?
また、低月齢で断乳した場合、将来的に乳がんのリスクが上がるなど何か弊害はありますか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「過去の質問を拝見するに、これは乳瘤である可能性が高いのでしょうか?」
⇒その通りです。
 「拡大したり縮小したり」する腫瘍はありません。
「乳瘤はいずれ自然に吸収されるのでしょうか?」
⇒勿論。
 乳瘤のある80歳を想像できますか?(常識的に考えましょう)
「また、低月齢で断乳した場合、将来的に乳がんのリスクが上がるなど何か弊害はありますか?」
⇒ありません。
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。