Site Overlay

4月21日(木)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳がん術後の化学療法選択について   [管理番号:9575]
左胸乳がん温存手術を1ヶ月前にしました。

病理検査の結果が出て、ルミナールBタイプになりました。
ホルモン療法と放射線治療は決まっていますが、抗がん剤を上乗せするか迷っています。

浸潤ガン 核異型度3 ステージ2(47歳閉経前)
腫瘍径 4.2cm×2.5cm×2.5cm
断面陰性
リンパ節転移なし
脈管侵襲リンパ管+ 血管+
HER2陰性
ホルモン受容体
エストロゲン95%
プロゲステロン80%
ki60%

主治医からは抗がん剤は推奨とのことで、絶対ではなくオンコタイプDXも選択の1つと紹介されました。

数値からみるとかなり悪いと思いますが、抗がん剤はした方が良いと思いますか。

それともオンコタイプを受けて上乗せ効果を見てからの方が良いのか迷っています。
■病名:乳がん
<女性47歳> ……【詳しく読む】乳がん術後の化学療法選択について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠中乳がんについて   [管理番号:10235]
抗がん剤判定が先日あり、画像上癌細胞は無くなったと言われ、温存も可能と言われました。
しかし、まだ子供が産まれたばかりのため、再発が怖いので、生きるために全摘をお願いするつもりです。
手術は今月末です。

また遺伝子検査も若くしてなってるため、念のためしましたが陰性でした。
遺伝子検査陽性なら予防切除もと考えましたが、陰性のため諦めました。

担当医からの説明で、初診時からエコー等で検査をしましたが、リンパ節への転移は陰性と言われてます。
骨や他の臓器へも転移はないとのことです。

担当医から手術時はセンチネルリンパをし、転移があれば郭清と言われてます。
私のような再発しやすい癌は、最初からリンパを郭清してもらう方が良いのでしょうか?
それともセンチネルリンパをし、それから、どこまで郭清するか決める方がいいのでしょうか?
その場合、放射線とかはしてもらえるのでしょうか?
どちらの方が再発率は下がるのでしょうか?
子供はまだ生まれたばかりなので、長く生きたいです。
■病名:乳がん
<女性26歳> ……【詳しく読む】妊娠中乳がんについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

胸の赤み   [管理番号:10234]
1ヶ月ほど前に右胸の乳輪の外側から下にかけて赤みがあり、ほてりもあります。
広がったりはしていません。

胸も張っています。
張っているせいか毛穴も目立つような気がします。

初めは更年期の症状かなと思っていましたが、
ネット検索をし、炎症性乳癌を知りました。

1週間ほど前、乳腺外科でマンモ、エコーをしていただき赤みとは違う場所にしこりがありました。
生検し今は結果待ちです。

受診の際、炎症性乳癌のことを聞きましたが、場所も違うし赤みも少ないから違うかなーとおっしゃっていただいたのですが、不安です。
炎症性乳癌の場合、赤みは広がっていきますか?
<女性45歳> ……【詳しく読む】胸の赤み

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳輪の色素沈着   [管理番号:10233]
2021年4月に左乳房を部分切除し、6月から放射線治療を受けるはずだったのですが、5月中旬から乳輪が色素沈着で黒ずみ、痒みが出てきたため放射線治療を延期。
真菌を疑ったり、胸の形が変わったため
下着との摩擦からかとも考え、下着を変えたりもしましたが、改善せず。
皮膚科を受診し放射線治療は問題ないだろうと言うことで7月に入って放射線治療を25回うけました。
1年経った現在もまだ左の乳輪が色素沈着で黒ずみ、乳輪が大きくなったままです。
術後1ヶ月での皮膚の痒み及び色素沈着は、乳癌の術後よく起こるものなのでしょうか?
乳癌と何か関係があるのでしょうか?
■病名:乳癌
■症状:乳輪の痒み、色素沈着
<女性50歳> ……【詳しく読む】乳輪の色素沈着

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up