Site Overlay

妊娠中乳がんについて

[管理番号:10235]
性別:女性
年齢:26
病名:乳がん
症状:
投稿日:2022年4月19日

つい最近こちらのサイトにたどり着き読ませて頂いています。
昨年八月に妊娠8ヶ月で乳がんとわかりました。

その前に乳腺外科をしている病院で2件診ていただきましたが、どちらもエコー診断し良性と言われ経過観察を言われ、でも、どうしても確定診断をしてほしく、針生研をお願いし、針生研の結果乳がんを伝えられました。

若年性だし予後も気になり、赤ちゃんも産まれたばかりなのに悲しくて、でも、必死に前を向きましたが、落ち込みも時々あり、後ろ向きになる日もあります。

診断が下りた後、紹介状を出され、この辺りの一番大きな病院で診てもらっています。

ホルモン受容性乳がんで、エストロゲン80%、プロゲステロン10%.ki70%で、再発しやすい癌と言われ、初診時(八月)は3.5センチの大きさの腫瘍は10月の出産を待つ間に五センチ弱にまでなってしまいました。
手術まで混んでるいるとのことで3ヶ月待つとのことで、先に抗がん剤治療を11月からEC4回、ウィークリーパクリタキセル12回を三月までしました。

抗がん剤判定が先日あり、画像上癌細胞は無くなったと言われ、温存も可能と言われました。
しかし、まだ子供が産まれたばかりのため、再発が怖いので、生きるために全摘をお願いするつもりです。
手術は今月末です。

また遺伝子検査も若くしてなってるため、念のためしましたが陰性でした。
遺伝子検査陽性なら予防切除もと考えましたが、陰性のため諦めました。

担当医からの説明で、初診時からエコー等で検査をしましたが、リンパ節への転移は陰性と言われてます。
骨や他の臓器へも転移はないとのことです。

担当医から手術時はセンチネルリンパをし、転移があれば郭清と言われてます。
私のような再発しやすい癌は、最初からリンパを郭清してもらう方が良いのでしょうか?
それともセンチネルリンパをし、それから、どこまで郭清するか決める方がいいのでしょうか?
その場合、放射線とかはしてもらえるのでしょうか?
どちらの方が再発率は下がるのでしょうか?
子供はまだ生まれたばかりなので、長く生きたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「ホルモン受容性乳がんで、エストロゲン80%、プロゲステロン10%.ki70%で、再発しやすい癌と言われ」
⇒このような「極めて無責任なコメント」をすること自体、(その主治医に)大変失望します。

Ki67の値は(予後ではなく)「癌細胞の細胞分裂の割合=抗がん剤の効きやすさ」とのみ関連します。
そんな「ナンセンスなコメント」は綺麗さっぱり忘れてしまいましょう。

「初診時からエコー等で検査をしましたが、リンパ節への転移は陰性」「手術時はセンチネルリンパをし、転移があれば郭清」
⇒これは「正しい」

 (抗がん剤後ではなく)あくまでも「抗がん剤前の状況を基に術式は決めるべき」なのです。
 抗癌剤前に「画像上リンパ節転移の所見無⇒手術時にセンチネルリンパ節生検の適応有」となります。

「放射線とかはしてもらえるのでしょうか?」
⇒全摘での放射線照射の適応は「リンパ節転移4個以上」です。
 抗癌剤前の画像診断でリンパ節転移無であれば、手術して「リンパ節転移4個以上無ければ、術後照射の適応無」です。

***
再質問をする場合、下記日付以降にしてください。
2022/4/28
***

Scroll Up