Site Overlay

3月16日(水)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

葉状腫瘍もふまえての手術について   [管理番号:10157]
お伺いしたいことは2点です。

①素人ながら葉状腫瘍の怖さは分かってはいるつもりです。
生検する際は初めから
葉状腫瘍のことも想定してマージンをとったかたちで手術をしていただいたほうがよいのでしょうか。

②葉状腫瘍良性だとしたらマージンをとってない場合再手術をお願いしたほうがよいでしょうか。
■病名:線維腺腫か葉状腫瘍の良性、または境界型
■症状:胸のしこり
<女性38歳> ……【詳しく読む】葉状腫瘍もふまえての手術について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

コロナワクチン接種後半年経過でのリンパ節の腫れ   [管理番号:10156]
5ミリの対側乳がん(浸潤癌でホルモン陽性、HRE2プラス1)が見つかり、手術前のCT検査で2年前のCT画像と比べて1つリンパ節が腫れていると言われました。

コロナワクチン接種は2回目が9月に終わったので半年ほど経過していますが、まだ腫れていることはあるのでしょうか?
主治医にはワクチン接種の影響なのか転移なのかわからないので、リンパ節郭清を勧められました。

こんなにも早く転移するのか、他にも転移しているのではないかと不安です。

タモキシフェン服用中なのに対側にも乳がんができていたこともショックです。

リンパ節郭清はしたくないのですが、やはりした方が良いと思われますか?

3年前に左乳房全摘しました。

ステージ2a、ルミナールA、センチネルリンパ節に微小転移有の為、TCをしましたが、手足症候群というのでしょうか、副作用が酷く2回で中止して、その後タモキシフェン服用中です。
<女性53歳> ……【詳しく読む】コロナワクチン接種後半年経過でのリンパ節の腫れ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

食事療法について   [管理番号:10155]
最近のニュースで、あるプロレスラーの方が
大腸がんステージ4から野菜ジュースを毎日2キロ7年間飲み続けた結果、
癌細胞が消えたお話をされていました。

リンパや肝臓にも転移していたそうですが、5年以上経った現在も癌細胞は消えているそうです。

質問
この方は野菜ジュースを毎日2キロ飲み続ける、所謂「食事療法」で完治した可能性が高いのでしょうか?
こういった方法で消えるのであれば、食事をもっと考え直したいと思っています。

乳がんでも食事療法で再発防止や癌細胞を消せるこ効果は得られますか?
■病名:乳がん
<女性34歳> ……【詳しく読む】食事療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の服用について   [管理番号:10136]
右乳房乳がんにより、2020年12月末に部分切除を行いました。

<病理結果>
・腫瘍サイズ2.1cm
・ホルモン受容体陽性
・HER2陰性
・センチネルリンパ節へ微小転移(1/1)
・Ki67 10%
・脈管侵襲なし

乳がんの治療薬として、がん細胞増殖を抑える経口分子標的薬であるベージニオ(アベマシクリブ)は、
「ホルモン受容体陽性で、かつHER2陰性(HER2陽性より再発リスクが高い)の早期乳がん。」が対象という認識でいます。

さらに再発リスクが高いという条件に、腋窩リンパ節転移1~3個という条件がありますが、
センチネルリンパ節への微小転移の場合はこの1個にカウントされますか?(対象でしょうか?)

また、服用にあたって推奨年齢等はありますか?

ベージニオ服用により、明らかに浸潤性無再発生存率が高くなったというエビデンスを目にしたので、
再発してからでは服用できないことから、対象である場合は、主治医にベージニオについて話をしてみようと思います。
■病名:右乳房浸潤性乳管がん
<女性42歳> ……【詳しく読む】新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の服用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法による肩の可動域   [管理番号:10137]
■質問①
これはホルモン療法による副作用なのでしょうか。

もし、ホルモン療法による副作用であれば休薬や漢方治療など方法はありますか?

■質問②
それとも手術後の後遺症である関節炎という可能性はありますか?
もし関節炎である場合は、ヒアルロン酸の注射を打てば改善されると言われたのですが、
私のようなホルモン受容体陽性の乳がんの場合、ヒアルロン注射は問題ないのでしょうか?

ストレッチはするように心がけていますが、
可動域が狭くなっていっているので、できるストレッチもどんどん限られてきてしまっています。

■質問③
最悪の場合を考えてしまうのですが、再発・転移も視野に入れるべき(CTやPET検査など)でしょうか。
■病名:右乳房浸潤性乳管がん
<女性41歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法による肩の可動域

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up