Site Overlay

2月28日(月)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

全摘すべきかどうか   [管理番号:10113]
経緯
・2021年5月にしこりを発見、病理検査後良性の線維腺腫とのことで、8月末に腫瘍のみ摘出手術を実施(腫瘍直径41㎜)
・術後結果、悪性葉状腫瘍であったこと判明
・2021年12月健康診断のエコー検査にて腫瘍の疑いあり、検査依頼し、2022年2月エコー、MRI検査より再発が確認(腫瘍20㎜)

4月に手術が決定し、主治医より腫瘍含め乳房の約4分の1位を部分切除という説明を受けました。
全摘までしなくても取りきれるとの見解だそうです。

私自信も、出来れば部分切除の方が良いのですが、再発のことを考えると全摘を選択するべきなのか、また全摘したからといって今後再発の可能性が無くなる訳でないなら、部分切除でも良いのか1人で悩み答えが出せず、田澤先生の見解をお伺いしたく質問させて頂きました。
■病名:悪性葉状腫瘍
<女性52歳> ……【詳しく読む】全摘すべきかどうか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後 治療選択について   [管理番号:10112]
術前に非浸潤癌診断を受け、全摘を選択しました。
病理結果がでて、
治療方法を選択しなくてはならず悩んでいます。
以下病理結果です。

非浸潤性乳管癌 0.8×0.5×3.5cm 断端陰性 リンパ節転移なしセンチネルリンパ節2個切除 ptis N0M0ステージ0 グレード1 ki-6710% ER 99%PgR 99% HER2 ?0
主治医からはTAM5年を提案されました。
長生きの為全摘を選んだ私ですが、薬の副作用に迷っています。
子宮内膜症、チョコレート嚢胞疑いで7年前に出産したのですが、31週での緊急帝王切開になりました。
(子宮の状態が良くなかった)?主治医は1000人ぐらい診てきたけど、体癌を発症した人は見たことないで終わりだったのですが、乳がんになった今絶対はないと思って迷っています。

私の状態で、①服薬する、②無治療(5年間 半年に一度マンモ、エコー)では再発率(局所再発(全摘しているのでないと思いたいですが。)、
遠隔転移)にどれぐらい影響があるのでしょうか?
■病名:非浸潤乳管癌
■症状:全摘術後脇に違和感
<女性41歳> ……【詳しく読む】術後 治療選択について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺転移について   [管理番号:10111]
2020年乳癌告知 トリプルネガティブ パクリタキセル12回 全摘手術AC療法4回 放射線治療25回。
ゼローダを服用していましたが肺転移、リンパ節転移が昨日発覚しました。
来週からハラヴェンが始まります。

医師に余命を聞いたら今までの傾向からして月単位での余命だろうと言われました。
2.3年先は難しいと。

この状況で肺転移はハラヴェンで消滅しないのでしょうか?
やはり、余命は月単位とみたほうがいいのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性45歳> ……【詳しく読む】肺転移について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナルタイプについて   [管理番号:10110]
ki値が10%のルミナルaタイプの場合、抗がん剤は効果がないとのこと。

それでもリンパ節転移4個以上であれば抗がん剤を、とのことですが、
どのように理解すべきなのでしょうか。

抗がん剤の効果の出ないタイプのがんでも、リンパに多数あることで、全身への手当てが必要となるから、効果はあまり期待できないが、抗がん剤で対処する。
ということでしょうか。

それとも、リンパ転移4個以上だと、ルミナルaにみえてもルミナルbの可能性があるから抗がん剤を、ということでしょうか。

決まった治療であることはわかるのですが、抗がん剤の効果が期待できないルミナルa であれば、リンパ転移が多数あっても、放射線+ホルモン治療でいい、ということになるのでは?と考えますが、そうではないのでしょうか。
■病名:浸潤性乳管がん
■症状:右乳房部分切除 リンパ郭清
<女性41歳> ……【詳しく読む】ルミナルタイプについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの術後治療について   [管理番号:10109]
1.この状況で、郭清、抗がん剤ともにやらない選択肢とはどういった背景で仰っていると想定されますか。

2.回答頂く先生でしたら、どのような治療方針をお話されますか。

3.オンコタイプDXが再開されるのを待つ選択肢はどう思いますか。
可能ならホルモン療法は開始した上で、オンコタイプDXが可能になってから検査結果を見て抗がん剤治療をするか決めたいですが、現在の病院では、ホルモン療法開始してしまってから抗がん剤治療に戻ることは出来ないと言われています。

もちろん可能なら、郭清、抗がん剤ともになしで、ホルモン療法のみを選択したいのが本音です。
先生としての方針もなく本当に悩んでいます。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性39歳> ……【詳しく読む】乳がんの術後治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up