Site Overlay

2月5日(土)① 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳がんの組織検査結果まち   [管理番号:10060]
本日マンモグラフィ、エコー検査をしました。

マンモグラフィでは左胸に石灰化がみられ、
エコーではその部分に、1.3センチの黒い影があたり組織検査をして検査結果を待っています。

しこりは、いたばスムーズな形ですが至る凸凹してみえるために、悪性の可能性もあるので組織検査となりました。

多分違うと思うけど、と朝はおっしゃっていましたが
不安です。

一部凸凹していて、良性という場合はあるのでしょうか?

また、1.3センチは初期での発見でしょうか。
<女性46歳> ……【詳しく読む】乳がんの組織検査結果まち

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後にわかった見張りリンパ節転移   [管理番号:7310]
質問① 手術後の病理結果が出た時点で本当に抗がん剤の適応にならないのかを確かめたほうがよいのでしょうか。
その場合はオンコロDXをしてくださいとお願いすればよいのでしょうか。
もし抗がん剤の上乗せ効果があるとわかった場合、術後の療法として
抗がん剤は手術からいつ頃までに開始すればよいでしょうか。
放射線療法の後でもよいですか。
10月の受診時に病理結果を聞くのでは遅いでしょうか。

(2)右側についてですが、見張りリンパ節に転移がわかったのが術後のようなので
それ以上の郭静は当然されていません。
2ミリを超えるリンパ節転移があっても転移が1個、腫瘍径の大きさ、画像では転移なしだったことなどから、ガイドラインにある「リンパ節に転移があってもリンパ節郭静を省略することを検討することが可能、を低く推奨」に該当することはわかります。
主治医は、「今からとるのも大変だから放射線を乳房プラス脇の下までかけます」とおっしゃいました。
放射線科の先生は「見張りリンパ節に1個転移があっても、画像で確認できるものはなかったのだから先のリンパ節に転移はないと考えるのだ」とおっしゃいます。

質問② 今から追加の郭静をお願いすることと、乳房プラス脇の下と鎖骨の辺りまで照射して再発については定期的に検査することと、どちらを選んだらよいか先生のお考えをお聞かせいただければありがたいです。
(左側は乳房に放射線照射です。)
■病名:浸潤性乳がん(普通の乳がんと言われました。)
<女性:53歳> ……【詳しく読む】術後にわかった見張りリンパ節転移

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up