Site Overlay

12月5日(土)① 1件の乳がんQ&Aを更新しました。【女性49歳 9021(8925)】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後補助療法と再発治療は区別しましょう   [管理番号:9021]
前回の質問で背中の不快なへばりつく様な重い不快な症状がドセタキセルによる副作用との回答に納得できました。
その後、背中の症状は良くならず、リリカやメコバラミンを服用しながらストレッチ、家庭用の高周波、低周波、遠赤外線治療器を使用し少しでも良くなるよう毎日頑張っています。
今後の重なる副作用の心配から3回目のドセタキセルは中止にしました。
その後は1ヶ月程様子を見て別の抗がん剤での予定を立てる事になりました。
ゲムシタビンを予定しているとの事でした。

そして無症状だったのですが11月(上旬)日のCT検査で偶然、肺炎がわかりました。
放射線肺臓炎でしたた。
今はクラリスロマイシンを服用して様子を見ています。
先生に肺炎でも抗がん剤はやれない事はないと言われました。
間質性肺炎はゲムシタビン投与は禁忌と調べました。
放射線肺臓炎になっている私の場合はゲムシタビン投与は大丈夫でしょうか?
現在、ホルモン治療薬アナストロゾールを服用しています。

抗がん剤治療中にホルモン治療薬を併用しても大丈夫でしょうか?
先生は問題ないと言っていたのですが、併用は良くないと乳癌専門医の方の記事を読みました。
不安なことばかりです。

きちんと知って前向きに治療していきたいです。
■病名:乳癌
■症状:ドセタキセルによる副作用、その後、放射線肺臓炎になる
<女性:49歳> ……【詳しく読む】術後補助療法と再発治療は区別しましょう

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up