Site Overlay

4月14日(火)① 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について   [管理番号:8452/3809]
肝臓転移があるステージ4と診断されて4年となります。

半年、ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセル投与。

肝転移消失、原発巣は縮小、マーカーが正常値になり原発巣全摘。

その後1年間、ハーセプチン、パージェタ、パクリタキセル。

それから1年間、ハーセプチン、パージェタ継続。

合計ハーセプチン、パージェタは3年間投与となります。

その後は無治療で経過観察となっております。

3ヶ月毎の検査、CTとMRIを交互というサイクル(年2回のCT、MRI)となっています。

エコーはやったりやらなかったりです。

画像、血液検査共に異常ない状態を保っています。

一応寛解ということになるのでしょうか?
<女性:57歳> ……【詳しく読む】HER2 ステージ4 肝臓転移 今後の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性の再手術についてと、抗がん剤について   [管理番号:7218]
2ヶ月前に、左脇ちかく(ふくにゅう)に、
七ミリ、乳輪よりに、四ミリのガンがみつかり、手術をうけました。

ふたつが、つながってるかも?ってことで、七ミリ、四ミリをつなげてきりとりました。
でもちがう方向にながれてるかもということで、再度手術をよていしています。
その際、全摘のほうがよいでしょうか
乳首乳輪も、すべてとるべきでしょうか?
術後の薬についても教えてください。
■病名:ハーツー陽性ホルモン受容体陽性の多発乳ガン、断端二方向陽性、グレード3,ki67,30%、リンパは転移なし。
<女性:46歳> ……【詳しく読む】断端陽性の再手術についてと、抗がん剤について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

70代の治療   [管理番号:8444]
年齢:74歳
ステージⅠ
ルミナールA(+8、+8)、HER2陰性、ki-67=5~10%、
左乳房の外側上部に1.5ミリの腫瘍(乳管浸潤がん)があり、
乳管内進展あり、CT、MRIではリンパ節への転移なし

しかし、3月に手術をしたところ、
センチネルリンパ節陽性で(2/2)で
腋窩郭清(レベル1、2)を行ったとのことでした。

病理の結果待ちなのですが、リンパ転移があったので
ステージが上がってしまうことで大変ショックを受けております。

年齢のこともあるので抗がん剤を使うかどうかも
悩みどころですが、時間が過ぎてしまうのも怖いので
先んじてオンコの検査を申し込むなどした方がよいでしょうか?

また病理診断でkiが急激に上がるケースなどはありますでしょうか?

また、ちょっと別の質問なのですが、
オンコタイプDXというのは、ステージを含めた上での再発率の数字なのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:74歳> ……【詳しく読む】70代の治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up