乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後の病理診断   [管理番号:8039]
術前診断は浸潤性乳管癌腫瘍7ミリ、ルミナールAでした。
その後のMRIで乳房全体がモヤモヤ白く映っていたので全摘を選択しました。
ほとんど大丈夫だろうといわれていたリンパ節転移でしたが1/2に1.8ミリの微小転移がありました。
レベル1を郭清しております。

その後の病理診断で、浸潤部が見つからず、病理結果がストップしております。

先生は探さなくては見つからない小さなところからたまたまリンパ節に転移してしまったのだろうとおっしゃっておりました。

オンコタイプもする予定ですがサブタイプがわからないと進まないということでした。
このまま浸潤部がみつからないということはあるのでしょうか。
また、一般的にリンパ節郭清はレベル2までしている方が多いと思いますがレベル1だけの郭清でよかったのでしょうか。
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

 
 

Q&Aコーナーで質問をした方へ。

可能な方は、その後の【結果(経過)】をおしらせください。
【結果】のご案内ページはこちらをクリックしてください。