Site Overlay

10月15日(火)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

先日はお世話になりました。   [管理番号:7799]
最近、田澤先生にマンモトームを行っていたただきました。

思っていたより、すごく優しい先生で安心しました。

質問ですが
マンモトームしてから約1週間建ちますが
針をさして目掛けた腫瘍がある部分が
表面が黄色くなっていますが
何でしょうか?
普通、紫などに内出血してから黄色に変わるなら分かるんですが
いきなり、黄色になりました。

まだ結果は出ていないので分かりませんが
癌を刺激したせいで表面が黄色くなったとかありますか?
■症状:マンモトーム後、皮膚が黄色くなった
<女性:31歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脇の窪みにシコリ?   [管理番号:7870]
脇の窪みを指でぐぐぐっと押すと骨なのか
シコリなのか分からないです。

脇の窪みの奥には骨はありますか?

乳腺外科では異常なしでしたが
(脇にはエコーしませんでした)

1、乳癌は必ず乳腺に癌が出来るのですか?

2、乳腺にしこりなしでいきなり脇にシコリが出来ることもあるのでしょうか?

3、脇にエコーをする乳腺外科と
しないとこがありますが
田澤先生はどちらですか?
どちらの方がいいのでしょうか?
■症状:脇の窪みにシコリ?骨?
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性小葉癌   [管理番号:7869]
5月末に定期検診にて右乳房に針生検、
組織検査を行い、悪性、非浸潤の乳癌との診断を受けました。
たしか7ミリの腫瘍との説明でした。

その後、県内の病院でMRIやCTを受けたのですが、いずれも白くうつってしまって癌の広がりがわからず、8月末に乳房温存手術を受け(リンパはいじっていません)、先日、術後病理組織説明がありました。

説明書には
病名:右乳癌
組織型:非浸潤性小葉癌
切除断端:陰性
術後の治療は乳房照射です。

とあり、主治医からは「一番いい結果になりました」と言っていただいて安心したのですが、同時に主治医は「ずっと私『非浸潤性乳管癌』って言ってましたけど『非浸潤性小葉癌』でした」と言っていたのが気になり、非浸潤性小葉癌について調べてみたら「(LCIS)は『浸潤型発生のリスク因子』として経過観察されることが多い」とあり、混乱しています。
■病名:右乳癌 非浸潤性小葉癌
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

遺伝性   [管理番号:7860]
今年、72歳の父親が前立腺がんになりました。
それから色々ネットで調べていたのですが、悪性度が高く、転移のあるものは(父親は骨にあります)HBOCの可能性があるというものを幾つか見ました。
父親の他に近親者にがんの者はおりません。
娘の私に遺伝の可能性はあると思われますでしょうか?
私は8月に検診を受けており問題無しです。
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up