乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後の治療、検査について   [管理番号:7735]
最近、知り合いの乳腺外科の先生にお会いする機会があり、現在までの経過をお話しいたところ 私ならTCではなく、もう一つ薬剤を使った6か月の化学療法をしたかなと言われ不安になりました。
リュープリンも打ってもらったほうがいいのでは?といわれています。

乳がんプラザを拝見していると、化学療法閉経では月経が再開すれば投与と思うのですが。
主治医の先生は月経が再開すれば投与と言っていたのですが、私の場合もそれで大丈夫でしょうか。

あと 化学療法4回目の採血でCEAが6,5まで上昇。
2か月後の採血で4,
5まで下がりましたが、下がったので問題なしということでした。

1CTPも6,3でした。
CA15-3 4,5
エコーは術後1回のみ(もうすぐ 術後1年になります)
ステージ3では,ある程度の再発にリスクはあると思い、再発でも手術でとれる場合もあると、乳がんプラザを拝見していると思うのですが、
術後の検査として 採血やエコーの回数はどのようにしたらいいのでしょうか。
再発に気づくには私は何を注意したらいいのでしょうか。

乳がんになったことで、落ち込んだ日もありましたが、乳がんになったことで目標も見つかりました。
今後、色々取り組む中で、どうしてここまで再発に気づかなかったのだろうと後悔はしたくないと思っております。
■病名:乳がん 硬癌
■症状:術後 腫瘍マーカー上昇あり
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌物について   [管理番号:7777]
8月の中旬、右胸の乳頭から少量の血液が出て
先週、病院に行き、エコー、マンモ、
乳腺エコー下生検をしていだだきました。

結果は特に問題はないので、半年後の検診を
予約して終わりました。

一年前から乳頭の一箇所から
白っぽい分泌液がありました。

また、のう胞が沢山あると言われております。

やはり、分泌液の出る場所が
一箇所だけというのが気になります。

先生のお話を読ませて頂き、
乳管造影をして頂きたく
ご連絡致しました。
■病名:乳頭分泌液
■症状:右胸の乳頭の血性の分泌
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの診断に至るまでの経緯と術前検査について   [管理番号:7776]
今の個人病院では手術はできないので、先生とつながりのある大きな病院で手術をすることになっておりますが、執刀は今診て頂いている先生がしてくださるそうです。

最初は先生にお任せをしようと思っていたのですが、上記のような経緯と先生がお若いということから(申し訳ありません)迷いが出てしまい、こちらに相談させて頂きました。

また、これからがんの広がりを調べるためにCTとMRIを大きな病院にて受けます。

てっきり全身かと思っていたのですが、色々調べてみますと必要に応じてとのこと、明日にでも、胸のみなのか確認してみようと思いますが、
田澤先生は、CTとMRIの必要性をどのようにお感じになられますか?

またこのしこりの近くにもう一つ5mm程のしこりがあるそうですが、
こちらは大きさの変化はないそうです。
細胞診もしておりませんが、これからやるCTやMRIでわかるでしょう、とのことでした。
■病名:乳がん
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

全摘手術後の治療方針について   [管理番号:7747]
もともと最初の乳腺外科ではリンパに転移がなければ温存手術+ホルモン薬物療法で大丈夫でしょう。
と言われておりましたが手術先行で自宅近くの大学病院を選択し初診時、そちらではあまり明確な説明なく全摘出を勧められました。

わたくし自身、命優先としておりましたので手術の病院を決めた時点では全摘出を希望、8月頭にその通り手術を行いました。

術後もうろうとしている中、執刀医からは「残念ながらリンパに転移があったため廓清しました」と言われ、後に確認したところレベル1、一個取ったとの話でした。
家族には術後の説明で「化学療法が必要になる」と話があったそうなのですが、術後の組織診断の外来を今週に控え、田澤先生にアドバイスをいただけたらと思います。

1)リンパ廓清のレベル1(一個)とはどのような状況でしょうか?
確定診断後、手術まで時間があったため、治療のガイドラインなど
少し勉強しましたが、1~3個の転移では廓清省略とありました。

センチネルの転移が4個以上で、リンパ節で1個取ったということ
なのでしょうか?よく解っておらず前出の質問でしたら申し訳ありません。

2)リンパ廓清+ki-67 30%だと化学療法必須ということでしょうか?
■病名:浸潤性硬癌
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。