乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7776]
性別:女性
年齢:50歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生、はじめまして。

よろしくお願いいたします。

2015年より左胸に4~5mmのしこりがあるため、近くの個人病院で定期的に見て頂いておりました。

2017年、数mm大きくなっているとのことで、細胞診をし、結果、異常なしも、念のため半年後も細胞診をし、結果、異常なしでした。

2018年はエコーとマンモのみで異常なし、一年後に受診との指示で、先日、受診いたしました。

今回はエコーのみでしたが、大きさが8mmになっていたので、念のため細胞診をし(この時、大丈夫だと思いますと言われましたが)、結果、悪性の疑い、再度生検をし、乳がんと診断されました。

生検の結果は頂けなかったので、私から以下のことを質問させて頂きました。

ホルモン受容体(+)
HER2(-)
Ki67(12%)

最初は線維腺腫として診断されていたとのこと、良性から悪性に変わったというのではなく細胞診では小さくて判別ができないことがあるとのこと、またがんの種類は硬がんとのことでした。

エコーの画像を見せて頂きましたが、はっきりした楕円形に見えました。

実は遠方に住んでいる母も硬がんで5年のホルモン療法を終えたところです。

術前にマンモの画像を見せて頂きましたが、特徴としてしこりの毛羽立ちを説明されました。

一年前の私の画像はどうだったのだろう、と思ってしまいました。

今の個人病院では手術はできないので、先生とつながりのある大きな病院で手術をすることになっておりますが、執刀は今診て頂いている先生がしてくださるそうです。

最初は先生にお任せをしようと思っていたのですが、上記のような経緯と先生がお若いということから(申し訳ありません)迷いが出てしまい、こちらに相談させて頂きました。

また、これからがんの広がりを調べるためにCTとMRIを大きな病院にて受けます。

てっきり全身かと思っていたのですが、色々調べてみますと必要に応じてとのこと、明日にでも、胸のみなのか確認してみようと思いますが、
田澤先生は、CTとMRIの必要性をどのようにお感じになられますか?

またこのしこりの近くにもう一つ5mm程のしこりがあるそうですが、
こちらは大きさの変化はないそうです。
細胞診もしておりませんが、これからやるCTやMRIでわかるでしょう、とのことでした。

とりとめもなく書いてしまいましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

正直な感想として…
結果として乳癌だったのに、2回も細胞診を外していることが信じられないし、あっ
てはならないことだと思います。
そもそも4mmで「外しても当たり前」などという感覚では、大変困ったことです。
(ただ、このQandAをしていると、いかにそれが巷に溢れているのか!
 それが私に「確定診断メール」を創設した動機なのです)

「細胞診では小さくて判別ができないことがあるとのこと」
⇒それは違う。
 きちんと反省して正確な手技を(今後の)患者さんたちのためにも磨いていただきたい。(正直な感想)

ただ、1cm以下の十分な早期乳癌として診断されたのは幸いなこととして(頭を切り替え)治療をすることです。

「これからがんの広がりを調べるためにCTとMRIを大きな病院にて受けます。」
⇒これは不正確な表現です。

 実際には
 MRIは乳房のみ 乳房内の拡がり診断目的
 CTは全身    全身の遠隔転移巣クリーニング目的

〇MRIは(術式決定=温存か、全摘か?)のために必要ですが、この程度の早期がんで遠隔転移などないのでCTは不要(無駄な被爆はやめましょう)

「田澤先生は、CTとMRIの必要性をどのようにお感じになられますか?」
⇒CTは(無意味だし、被爆の問題もあるので)断りましょう。

 もしも、「万が一、遠隔転移があったら…」みたいなことを言われたら…
 『毎年、経過をみていて、まさかそんなことはないですよね?』と、チクリと言ってもいいのでは?(冗談です)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。