乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

50代で新たに見つかった乳腺線維腫かもしれないものについて   [管理番号:7383] 
8年前の乳がん検診で右胸のしこりが見つかりました。
針生検の結果、
乳腺線維腫とわかり、経過観察を経て現在は乳がん検診を年1回受けています。

昨年11月の健診でも右胸乳腺線維腫には変化なく、左胸も何も無いとの検診結果でした。

今年1月に内科にて上腹部のMRI検査を受けたのですが、内科医師から上腹部は問題なかったが、左胸A領域に径4ミリの結節が写っていたと知らされました。
医療用報告書には乳腺線維腫だと思うがエコー等で乳がん除外をと書かれていました。

健診を受けた乳腺外科に電話でどうしたらよいか聞くと、受付の方には、内科から検査を受けるように言われていないこと、直近での健診で問題なかったことから、気になるならもう一度検査しますが11月の健診で大丈夫だと思いますとの返事をいただきました。

4ミリと小さいので緊急に調べなけらばいけないものではないのだろうと理解していますが、仮に右と同じ乳腺線維腫だったとして51歳以降に新たに出来るものか不安もあります。
一昨年の9月に多発子宮筋腫のため子宮を全摘していますが、卵巣は残してあるため生理から閉経してるか判断することが出来ません。
閉経してないとすれば、私の歳で乳腺線維腫が新たに出来ても不思議ではないですか。

やはり気になるからと健診を受けた乳腺外科で受診した場合HPでは細胞診からになるようなのですが、出来るなら針生検で確定診断をうけすっきりしたいです。
■症状:左胸A領域径4ミリの結節
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後三年目でも石灰化出現   [管理番号:7382] 
2016年4月に、右乳房に0.7cmの非浸潤がんがみつかり温存手術を受けました。

昨年は4月にマンモとエコー検査、10月にエコー検査を受け、特に異常はありませんでしたが、術後3年経過した今年4月15日、手術した右乳房にマンモグラフィーで石灰化が見つかりました。
乳頭近くに小さな石灰化がパラパラと散らばっているように見えました。
(1年前のマンモでも別の場所に小さな石灰化はあったそうですが)しかし、エコーでは特に所見がないとのことで、3か月後にもう一度エコー検査をすることになりました。

ここでお聞きしたいのですが、この場合3か月待ってもよいものでしょうか?
なぜ私が心配をしているかと申しますと、現在かかっているのが地元では大きい病院ですが、そのためにエコー検査は技師によるものだからです。
もし、主治医がマンモ画像を見ながらエコー検査をしてくれていたなら3か月待つこともできますが、田澤先生がいつも仰っているように技師の技量により精度が変わるとなると、やはり不安です。

できることなら、田澤先生に診断をしていただき、何かあった場合には手術もお願いしたいと思っています。
■病名:非浸潤がん
■症状:特になし
<女性:61歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。