乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後病理結果待ち   [管理番号:7364] 
乳ガンと診断されてから、こちらのサイトを拝見させていただいております。

今年3月末にしこりを見つけ、エコー、マンモ、針生検で乳ガンと診断されました。

左内側上部にしこり4.0×3.3cm、術前検査ではリンパ節、他臓器転移なしと言われています。

4月上旬に乳房切除術(胸筋温存)手術をしました。

その際、センチネルリンパ節生検で3個取ったとのことです。

まだ病理結果が出ておりませんので、詳しい数値などは分かりませんが、術前にホルモンを餌にしたガンですねと説明がありました。

その場合、ルミナルタイプということになる可能性がありますか?
もしもルミナルAタイプだったとしても、4cmという大きさを考えるとホルモン療法に化学療法もプラスになりますか?
4cmの大きさなので遠隔転移が出てくるのではないかと心配です。

本来なら病理結果が出てから先生のご意見をお伺いすべきなのですが、どうしても気になってしまいました。
■病名:乳ガン
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

骨転移後の治療について   [管理番号:7363] 
2015年末頃、ご相談させていただきました。

右乳房温存、HER2タイプ(トリネガにとても近いらしいです)ki67は70%と高値でした。

前回はTC療法4クール+ハーセプチンにて治療しています。

今年2月末ごろより腰痛がひどく整形外科や痛み外来など通院しても全く痛みが治まらなかったため、
乳がん術後の定期検査を早めてもらうことと検査追加をし、骨転移が判明しました。
(骨のみで臓器転移はありません)転移は胸椎-腰椎、胸骨、肋骨です。

今後の治療について先生のご意見を伺いたく思います。

主治医からは
骨の治療としてはゾメタかランマーク、
抗がん剤としては
1.ハーセプチン、パージェタ、タキソテール
2.ハーセプチン+化学療法の何か
3.カドサイラ
4.ゼロータ
と、治療候補があり私としては脱毛したく無い気持ちが強いため3のカドサイラにしました。

思っていた以上に副作用が酷く体を起こすのも辛い事が連日あります。
■病名:乳がん術後、転移性骨腫瘍(多発骨転移)
■症状:腰痛
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の全身治療について   [管理番号:7332] 
【浸潤性乳管癌 硬性型】
ER>90% PGR70% HER2 1 ki67 20%以下(組織検査時は14%でした)
浸潤径 11mm
腫瘍径 11mm
脈管侵襲 リンパ 静脈ともに 0
断端 非露出>5mm
SLN 1/1 (GEF:HE +cake1/3)3mm

術前にはセンチネルリンパ節の微小転移は廓清省略と取り決めておりました。

直後の説明ではセンチネルリンパ節への転移は2mmなので省略しました
と伝えられましたが病理結果では3mmとなりました。

その上で今後の方針として主治医からは下記を提案されました。

①ホルモン剤に加えて抗がん剤
②ホルモン剤のみ
③オンコタイプdx を実施して判断する

そこで田澤先生の見解を伺いたいのが
1)腋窩廓清省略の術後にマクロ転移とわかり体に残っているリンパ節に癌細胞が残り局所再発する可能性はあるのか、これにより治療方針が変わることがあるのか。
2)再手術し追加廓清する方が予後がいいのか。
3)主治医はマクロ転移があったので抗がん剤もした方がいいと思うとの見解ですが田澤先生ならどう言う治療方針、術後管理を行なっていくのか。
4)抗がん剤治療を行なった場合の上乗せは期待できるのか。
5)マクロ転移があったことで放射線照射の範囲をどう考えればいいのか。
■病名:右乳がん 浸潤性乳管癌
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。