乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7363]
性別:女性
年齢:38歳
病名:乳がん術後、転移性骨腫瘍(多発骨転移)
症状:腰痛

2015年末頃、ご相談させていただきました。

右乳房温存、HER2タイプ(トリネガにとても近いらしいです)ki67は70%と高値でした。

前回はTC療法4クール+ハーセプチンにて治療しています。

今年2月末ごろより腰痛がひどく整形外科や痛み外来など通院しても全く痛みが治まらなかったため、
乳がん術後の定期検査を早めてもらうことと検査追加をし、骨転移が判明しました。
(骨のみで臓器転移はありません)転移は胸椎-腰椎、胸骨、肋骨です。

今後の治療について先生のご意見を伺いたく思います。

主治医からは
骨の治療としてはゾメタかランマーク、
抗がん剤としては
1.ハーセプチン、パージェタ、タキソテール
2.ハーセプチン+化学療法の何か
3.カドサイラ
4.ゼロータ
と、治療候補があり私としては脱毛したく無い気持ちが強いため3のカドサイラにしました。

思っていた以上に副作用が酷く体を起こすのも辛い事が連日あります。

(痛みと嘔吐)
ただ、転移にどの程度効果があるものなのか?
ゾメタかランマークの治療をするにおいては歯を四本抜かなければならないと言われたので正直なところゾメタかランマークはやりたくありません。
やらなくても大丈夫なのでしょうか?
先生のお考えなら別な選択肢があるのか伺いたいと思いました。

併せて、内服についてもご教授ください。

現在、オキシコンチン10ミリ(朝晩)と頓服でオキノーム0.5ミリが処方されていますが痛みが治りません。
ロキソニン併用しても構わないといわれ1日3回内服追加しています。
それでも痛みが酷く起きているのも寝ているのもしんどいです。
ほかに痛みをとる手段は無いのでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1.ハーセプチン、パージェタ、タキソテール 2.ハーセプチン+化学療法の何か3.カドサイラ 4.ゼロータ」
「治療候補があり私としては脱毛したく無い気持ちが強いため3のカドサイラにしました。」
「思っていた以上に副作用が酷く」

→何のための抗がん剤なのか?

 「脱毛」を嫌がる気持ちは理解できますが、抗がん剤する目標は何ですか?
 きちんと「いい状態」として(その「いい状態」を)キープするのであれば、「脱毛」<「治療効果」で選択すべきでしょう。

 私であれば以下の選択肢とします。
 1.Trastuzumab + pertuzumab + paclitaxel(docetaxelは術後補助療法で使用したのだから、第1選択とはならない)
 2.Trastuzumab + perutuzumab + eriblin
3.EC
 4.Bevacizumab + paclitaxel

「やらなくても大丈夫なのでしょうか?」
「先生のお考えなら別な選択肢があるのか伺いたいと思い」

→きちんと歯を治してから、行うべきです。

「ほかに痛みをとる手段は無いのでしょうか?」
→radiationを検討すべきです。
 ★内臓転移がなく、骨転移だけで(しかも)疼痛が強いのであれば(抗がん剤よりも)「原因と考えられる部位への照射」を先行してしかるべきでは?





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。