乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

悪性リンパ腫の疑い   [管理番号:7166] 
去年の4月に左胸の乳輪下にあるしこりが気になって、住んでいる市内の乳腺科を受診しました。

医師には伝えていますが左胸は乳頭が元々陥没しており、乳がん検診では毎年異常なしでしたが、高濃度乳腺との事でした。

それと妊娠も出産経験もありません。

その乳腺科で技師さんが撮影したエコー画像で2.5センチぐらいの境界のはっきりしない黒い楕円形のものがあり、その周囲はモヤモヤしたものが拡がっていました。

悪性と考えられたため、①都内の大学病院(乳腺外科)でバネ式の針生検(→乳がんではなく悪性リンパ腫の可能性)→②同じ系列の別の大学病院(血液内科)でマンモトーム生検(→悪性リンパ腫といったん診断されたものの最終結果で①の生検時の炎症と思われる跡で断定できない)とPETーCT(→左胸のみ強い集積あり)→③県内のがんセンター(血液腫瘍科)でバネ式の針生検(→悪性と思われるもの無し)、再度マンモトーム生検(→非定型細胞異形との事で腫瘍と断定出来ない)となり経過観察していました。

血液検査では特に悪性リンパ腫に関する腫瘍マーカーは異常なしでずっと数値は横ばいです。
12月に再度PET-CTを行っていますが、左胸に集積ありでした。
ただ②で撮った時は感度を上げて見ているらしく比較出来なそうな感じでした。
エコーも6,9,12月に撮っており、変わらないような事は言われていたもののモヤモヤした部分のサイズが大きい事と12月のエコーでは少し大きくなったのでは?と今度は外科的生検を行いたいとの事でした。
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

DCISで手術?   [管理番号:7165] 
昨年の健康診断で乳房の石灰化が進んでいるといわれ念のため大きな病院で再検査をしました。
(健康診断ではマンモと触診)
まずは太い針で細胞を取る検査をし結果は3b。
グレーゾンだという事で次は少し切開してマンモをあてながら何か弾く様な機械を使いさらに太い針で細胞を取りました。
こちらの結果も3bでグレーゾーン。

最終的に広がりを見ましょうという事でMRI(造影剤あり)をし、先日「非浸潤DCISで癌かどうかはわからないが、半年~年内くらいには手術で取りましょう。」と勧められました。
MRIでの範囲は36mm x 10mm位との事で全摘しなくても良いとの事でした。

また私は卵巣嚢腫と子宮腺筋症があり、ここ数年生理中ではなくても下腹部がとても痛むため、年内に片側の卵巣及び子宮の摘出を勧められておりこちらも悩んでいます。

①グレーゾーンのDCISでもやはり摘出が必要なのでしょうか?前癌状態又は0期の癌なので手術してみないとわからないとの事でした。

②全摘ではない場合残っている部分にまた石灰化が起きる可能性はありますか?

③手術になれば10日~2週間の入院と言われましたが、先生の病院は数日で退院できると書いてあるのを見ました。
この日数の差は何故なのでしょうか?
■病名:DCIS
■症状:たまに乳頭分泌(白色又は透明)があります。
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗癌剤は必要ですか?   [管理番号:7164] 
術前評価
左乳房 散在する腫瘤 stage1
超音波 最大1.6センチ
CT リンパ節腫大なし
CT 遠隔転移なし
MR I 大胸筋 皮膚への浸潤なし
針生検 硬癌 E R 3b PG R 3b HER2 0 M I B-1 30%
1月(中旬)日 左乳房全摘手術を受けました。

同時に 1次再建も受けました。

術後、センチネルリンパ節に1個、リンパ節郭清を受けました。

(2/10)
1つは、1.8ミリ 1つは、2.2ミリです。

術後、主治医からは、ルミナールBなので半年間の抗癌剤(抗癌剤の名前は忘れてしまいました。)、その後5年間のホルモン剤と注射を勧め
られています。

術前では、ルミナールAとのことで、ホルモン剤だけの治療と思っていましたので、抗癌剤をする覚悟がなかなか着きません。

主治医に2月(中旬)日までに返事をするよう言われております。

田澤先生でしたら、やはり抗癌剤治療をお考えにならますか。
■病名:乳がん
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。