Site Overlay

1月26日(土)③ 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

転院について   [管理番号:7131] 
【病状】
昨年10月、ステージ1、リンパ節転移なしで右房全摘。

オンコRS=25、抗がん剤をせず、アナストロゾール服用開始(骨密密度初期値計測)
昨年末、3ケ月に1度のエコー検査1度目実施、特に問題のない状況ですです。

【ご相談】
主治医が60歳企業定年のため、今年3月末で退職、都内の病床数ほぼほぼ同等病院に
転任されることになり、転任先の病院に「転院されますか?」とのお尋ねがありました。

このような場合、どのような観点で選択をしたらよろしいのでしょうか。

予後の経過観察から術者についていく必要性はございますか?
田澤先生が主治医でいらしたら、このような迷いなく追いかけて伺いたいところですが、、
<女性:58歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺転移   [管理番号:6299] 
この度、左上葉に直径5ミリくらいの転移を2個認めました
(自覚症状は特にありませんが、術後3年検診という事で、造影CTを撮影して発覚しました)
抗ガン剤は避けられないと思いますが
他に有効な方法はありませんでしょうか。
ガンゲノム医療というのはまだ実用に至ってないのですね?

また、主治医は『エリブリンでいいんじゃないか』と仰っていますが
アバスチン+パクリタキセル を使用しなくて良いのでしょうか?
(検診で見つかったので、今後のためパクリタキセルを残しておきたいのだと思います)

しかし私としては、ここでやっておかないと更に機会を失ってしまうのではないかと考えます
と言いますのは、 術前ケモの時から骨髄抑制のためWBCが減少し、
グランシリンジを打ちつつケモ施行(ジーラスタは効果なしでした)
現在に至っても3000辺りしかありません
(元々、ケモ前から3600~4000ぐらいではありますが)
そこも踏まえて、先生ならどうお考えですか。
■病名:右側乳癌、肺転移術後
<女性:54歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術前化学療法   [管理番号:7031] 
担当医師からは、乳房内に腫瘍の拡がりがある事、腫瘍サイズも2cmを超えている事から、術前化学療法をした上で手術をしましょう。
どちらにしても全摘です。
との治療方針を提示されました。
勧める理由として、腫瘍が消える場合もある、そうすれば術後の抗癌剤を減薬できる可能性がある。

サイズが小さくなると手術しやすくなる。

抗癌剤の効果がわかる、と言う事でした。

癌と診断されてから、先生のHPや乳癌学会等の標準治療等を拝読し手術先行ではいけないのかと疑問を持ちました。
何より私は胸を触れば触れる癌を一刻も早く取り除きたいです。

質問①手術先行を希望してよいか。
質問②手術先行すればその後の抗癌剤治療までに1ヶ月空ける必要があり、その期間の無治療を危惧すると言われたが、その心配は必要であるのか?
質問③どちらにしても全摘と言われているが、全摘をするのに腫瘍の大小で手術の易操作性が左右されるのでしょうか?
質問④先生に手術をお願いする場合、最短でいつになりますでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up