乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

肺転移疑いと今後の対応について   [管理番号:6933] 
現在50歳、2014年12月に左乳房浸潤乳がん確定診断、2015年2月左乳房全摘、SNB
陰性、リンパ節郭清なし、腫瘍の大きさ2.8cm、ER陽性、HER2FISH法で陰性、
ki67約20%で抗がん剤はやってもやらなくてもよいということでホルモン単独治療を選択、リュープリンとタモキシフェン投与を続けていました。

途中薬剤影響と思われる肝機能悪化などもありましたが、特に体調変化もなく、3年経過した今年3月でリュープリンを止めましたが、その頃から年3~4回行っている血液検査で腫瘍マーカーCEAが5前後だったのが7.5→9.0→11と上がってきたので(CA15-3は現在も12~14でほぼ変化なし)、10月にCTを撮ったところ、「左腋窩リンパ節」と「右肺」にそれぞれ腫瘍影があり、同時期に人間ドックで乳腺エコーで同様に左腋窩リンパ節に腫瘍影が見つかりました。

エコーと健側マンモは毎年周年検査で行っており、今年2月のエコーでも腋窩リンパ節には何も写っておらず、主治医も驚いています。

PETCTを撮ったところ、やはりこの2箇所に高度集積があり、それ以外の場所にはみられませんでした。

肺腫瘍については現在呼吸器科で気管支鏡で生検を行い結果待ちとなっています。

主治医にも呼吸器科の先生にも、乳癌の転移巣として原発巣とは反対側である右肺の、しかも肺門部に単発での出現は典型所見ではなく、ちょっと考えにくいので肺原発かもしれない、とは言われています。
肺の腫瘍は画像だと1.6cmで、肺癌だった場合は早期となり根治を目指した切除適用とのことです。

主治医からは乳癌の肺転移だった場合はリンパ節再発部分も手術せずに化学療法と言われました。
■症状:現在特になし
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

稀な症例の治療法と予後について   [管理番号:7076] 
質問ですが、
1. d.dAC+wPAc これは妥当でしょうか。
若いので頑張ってと言われましたが不安です。
そして私の癌はそれほど悪性度が高いのでしょうか。

主治医はどこに持っていっても同じ事を言われると思うよと言っております。
オンコタイプで低リスクでも抗がん剤をとのことで無駄な検査になるとのことでした。
そこまで言われては私もなかなか医師の前では、
それでもオンコタイプでしっかりサブタイプを確認してから治療したいと言えませんでした。

2. ご経験豊富な先生の患者様の中にもこのような転移を起こした患者様はいらっしゃいましたでしょうか。
やはり稀なケースだと予後も悪いのでしょうか。
リンパ節はあくまで局所、サブタイプに応じた効果的な治療をすれば主治医の言う深い所に転移はしていましたがステージ2Aで根治出来ると希望を持っておりましたがやはり甘い考えなのでしょうか。

画像の時は、LevelⅡとLevelⅢの間と言われていたのが病理ではロッターになっているのは気にしなくてもいいですか?
■病名:左乳癌
■症状:乳癌術後
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。