乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6933]
性別:女性
年齢:50歳
病名:
症状:現在特になし

田澤先生初めまして。

たくさんの情報発信ありがとうございます。
初発の頃から参考にしています。

現在50歳、2014年12月に左乳房浸潤乳がん確定診断、2015年2月左乳房全摘、SNB
陰性、リンパ節郭清なし、腫瘍の大きさ2.8cm、ER陽性、HER2FISH法で陰性、
ki67約20%で抗がん剤はやってもやらなくてもよいということでホルモン単独治療を選択、リュープリンとタモキシフェン投与を続けていました。

途中薬剤影響と思われる肝機能悪化などもありましたが、特に体調変化もなく、3年経過した今年3月でリュープリンを止めましたが、その頃から年3~4回行っている血液検査で腫瘍マーカーCEAが5前後だったのが7.5→9.0→11と上がってきたので(CA15-3は現在も12~14でほぼ変化なし)、10月にCTを撮ったところ、「左腋窩リンパ節」と「右肺」にそれぞれ腫瘍影があり、同時期に人間ドックで乳腺エコーで同様に左腋窩リンパ節に腫瘍影が見つかりました。

エコーと健側マンモは毎年周年検査で行っており、今年2月のエコーでも腋窩リンパ節には何も写っておらず、主治医も驚いています。

PETCTを撮ったところ、やはりこの2箇所に高度集積があり、それ以外の場所にはみられませんでした。

肺腫瘍については現在呼吸器科で気管支鏡で生検を行い結果待ちとなっています。

主治医にも呼吸器科の先生にも、乳癌の転移巣として原発巣とは反対側である右肺の、しかも肺門部に単発での出現は典型所見ではなく、ちょっと考えにくいので肺原発かもしれない、とは言われています。
肺の腫瘍は画像だと1.6cmで、肺癌だった場合は早期となり根治を目指した切除適用とのことです。

主治医からは乳癌の肺転移だった場合はリンパ節再発部分も手術せずに化学療法と言われました。

ここで質問です。

1.肺が早期肺癌で、腋窩リンパ節が乳癌局所再発だった場合、いずれも切除となると思いますが、手術はどちらかを先行させるのでしょうか、または同時切除になるのでしょうか。
またこの場合は、肺もリンパ節も根治可能性はあると考えられますでしょうか。

2.肺も腋窩リンパ節も乳癌の転移再発だった場合、主治医は手術せず化学療法と言います。
が、今回肺は孤立性腫瘍の見込みがかなり高く、「肺単独転移の場合切除も検討余地あり、予後が比較的よい」との論文も結構見かけます。

私としては、治療は今回はやりきりたいと思います。
論文も症例も複数出ているのであれば、肺転移巣が孤立性であれば切除→リンパ節再発も切除→その後化学療法 を希望したいです。

田澤先生であればどのような作戦で対処されますか?
3.腋窩リンパ節について、2月のエコー画像では認められないのに、半年強で急に2センチまで大きくなるのでしょうか?
悪性リンパ腫などほかの病気の疑いはないでしょうか?
それとも見落としなのでしょうか?
検査は技師さんによるものでした。

4.ルミナルタイプということで、リュープリンとタモキシフェンで治療してきましたが、結局こんなに大きくなったり、転移疑いが出たりするということは、タモキシフェンはあまり効いていないということでしょうか?
初発時の補助療法で抗がん剤をやるべきだったでしょうか?リュープリンを止めたあと、生理は戻っていません。
閉経後の薬剤に変更すべきでしょうか?
5.今から江戸川病院に転院することは可能でしょうか?それともあまり意味はないでしょうか?通えない距離ではありませんが、1時間半程度かかります。

いろいろ質問して恐縮です。
術後も毎月乳腺専門医に通院しているのに、こんなことになって大きなショックを受けています。

是非田澤先生のご意見をうかがいたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「1.肺が早期肺癌で、腋窩リンパ節が乳癌局所再発だった場合、いずれも切除となると思いますが、手術はどちらかを先行させるのでしょうか」
→常識的にいえば…

 肺です。

「またこの場合は、肺もリンパ節も根治可能性はあると考えられますでしょうか。」
→勿論!

 肺がんは早期だし、リンパ節は単なる「局所再発」ですから。

「田澤先生であればどのような作戦で対処されますか?」
→肺も(転移だとしても)単発であれば…

 Volume reductionの観点からも「切除してもらえれば、これ幸い」ということで、呼吸器外科医にお願いします。

 腋窩リンパ節は「局所」なのだから「取るべき」です。

「半年強で急に2センチまで大きくなるのでしょうか?」
→臨床経過を考えれば…

 リュープリンが効いていた(腋窩リンパ節はもともと転移があったが、リュープリンにより抑えられていた)と考えるべきです。(担当医からも、「そのように」言われましたね??)

「悪性リンパ腫などほかの病気の疑いはないでしょうか?」
→絶対にありません。

 皆さん、簡単に「悪性リンパ腫」など持ち出しますが…
 頻度が全く違います。(しかもPETで他のリンパ節になく、「術側腋窩だけ」に悪性リンパ腫など10000000%ありえません)

「タモキシフェンはあまり効いていないということでしょうか?」
→そうではなく、「リュープリンが効いていた」と理解しましょう。

「閉経後の薬剤に変更すべきでしょうか?」
→間違い。

 リュープリンを再開しましょう。

「5.今から江戸川病院に転院することは可能でしょうか?それともあまり意味はないでしょうか?」
→そもそも当院には「呼吸器外科」がありません。

 質問者にとって、最も理想的なことは
 (肺が転移であれ、原発であれ)肺も腋窩も手術して、術後に抗がん剤することです。(リュープリンは再開しましょう)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。